FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

沖縄の骨(岡部伊都子)

沖縄といえば…岡部伊都子もたしか沖縄のことをいろいろ書いてたよなーと、『沖縄ノート』と一緒に「沖縄」がタイトルに入った本を借りてきた。

沖縄の骨沖縄の骨
(1997/04)
岡部 伊都子

商品詳細を見る
「こんな戦争で死ぬのはいやだ。天皇陛下のおん為になんか、死ぬのはいやだ」と言った婚約者を、「私なら、喜んで死ぬけど」と送り出した話は、岡部の「加害の女」という自覚として、たぶん何度も何度も何度も何度も書かれている有名な(?)話。

その岡部の婚約者だった木村邦夫さんは沖縄戦で戦死したという。

「天皇陛下のおん為に」「喜んで死ね」と教えられた時代に、虚弱で、しかも結核のため「お役に立たなくて申しわけない」と「非国民」でしかないうしろめたさにおびえていた岡部の、ふりかえって「戦争中みすみす愛する男を殺した」(p.15)という思い。

琉球放送テレビ「おきなわ大好き」録音の際のはなし。
▼「書くための取材ですか」と言われた。
 ほんとうは私のような勝手な者は、沖縄へくる資格は無い。書く資格も無い。
 だけど、さて来てみると、知らなかったことばかりで、撃たれつづけている。その事実を、せめて大和に伝えなくては、と書いてきた。来ると親しくなった方がたをがたを、わが家にも迎える。「取材のため」に来たことはないと、思わず言ってしまったがいい気な自分の正体である。
 「沖縄人[うちなんちゅ]の闘いによって目をさませてきた大和人[やまとう]も多い。どうすれば人類の世がつづくか、ほんとうの自由とは何か、ほんとうの人権とは何か、ほんとうの平和とは何か、ほんとうの愛とは何か、その闘いを発信しつづけてくださってる沖縄人の皆さまに、感謝します」
 と頭を下げたら、せつなくつらい涙になった。(pp.185-186)

佐野式にいえば、岡部が書くものも沖縄を聖地化し、沖縄人を聖者化したものだろう。

わるいことは何も書いていないが、私にはちょっと読みにくかった。「加害の女」という自分の原点をずっと掘り続けたのは、ただただスゴイと思う。一方で、聖なる沖縄、ごめんなさいのヤマトというくっきりと二分した対比が、すんなりと読めなかった。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1084-201d281e
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ