FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

記録映画「いのちの作法」上映会(10/1、大阪・吹田)

10月1日(木)、大阪・吹田市のメイシアター中ホールで記録映画「いのちの作法」の上映会があります。
「住民の生命を守るために、私は自分の生命をかけよう」──村長・深沢晟雄
▼上映について
14時からと19時からの2回上映。当日1200円(前売1000円)、高校生以下は当日・前売とも500円。主催は中途障害者の福祉を進める会(問い合わせ:電話06・4860・0539)

▼作品内容
昭和30年代に、豪雪・貧困・多病多死の三重苦を乗り越え、全国に先駆けて老人医療費の無償化と乳児死亡率ゼロを達成した岩手県西和賀町(旧沢内村)は、合併した現在も、いのちを大切にするという「生命尊重の理念」を町是に掲げる、日本では稀有の品格と哲学を持った町です。

「住民の生命を守るために、私の生命をかけよう」と宣言した当時の深沢晟雄村長と、住民が共に築き上げたその理念は、若い世代にも脈々と受け継がれています。

本作品は、深沢晟雄旧沢内村長についての証言に始まり、その理念を受け継ぐ若い世代を映し出します。老人や障害者、そして、児童養護施設の子どもたちの生命に向き合いながら、地域に生きることを模索している西和賀町の人々の姿は、私たち日本人に、改めて本当に価値のあるものを教えてくれます。

(小池征人監督作品、2007年、107分)
-----
私も見にいくつもりです。
「住民の生命を守るために、私の生命をかけよう」と宣言した村長・深沢晟雄さんについては、『村長ありき―沢内村 深沢晟雄の生涯』(れんが書房新社)という本があるとのこと。映画の前か後に読みたいと思っています。

この上映会は、中途障害者の作業所「工房ヒューマン」のチャリティー映画会。「工房ヒューマン」は、難病を患っていた母が、死ぬ前に通っていた作業所です。

▼チケットのお申し込みは中途障害者の福祉を進める会(問い合わせ:電話06・4860・0539)、または工房ヒューマンの各作業所(日の出:電話06・4860・0539、五月ヶ丘:電話06・6875・8515、江坂:電話06・6310・8615)まで。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/1060-7293b42e
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ