読んだり、書いたり、編んだり 

4月に読みおわった本

4月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。今月は、上旬はジャック・ロンドンを読み、中旬は金井真紀さんを読み、先月に引き続き獅子文六を読みふけった合間に、他のいろいろを読んだ。

ジャック・ロンドンは、2月に読んだ『許されざる者』(辻原登)のなかで登場したばかりか、書いた小説『荒野の呼声』も出てきたのだった。その名が、3月に読んだ『言葉はこうして生き残った』(河野通和)で紹介されていた『パンとペン』(黒岩比佐子)の話のなかでふたたび現れた。そこでは堺利彦のことが「エミール・ゾラからジャック・ロンドンまで海外文学の優れた紹介者であり、翻訳の名手」云々と書いてあって、これは読んでみたい、しかも堺利彦訳で!と図書館にレファレンスを頼んだら、昭和七年に春陽堂から出た本を写真製版で復刻したのが届く。

むかしの印刷のわるい本を、写真製版でちょっと拡大して印刷しただけの、旧字旧仮名遣いの本で、(読めるかなあ)と思ったが、これが読み始めたらおもしろくて、電車で居眠りもせずに読む。タイトルは『野生の呼聲』(ページの柱も奥付もこのタイトルなのに、なぜかこの春陽堂版の表紙タイトルは「野生の叫聲」になっていた)。

ジャック・ロンドンのこの小説は、他にいくつも訳が出ていて、岩波文庫の『荒野の呼び声』も読んでみた。光文社文庫の訳本『野生の呼び声』も途中まで読んでみた。訳者の解説などに、ジャック・ロンドンの生涯が語られてもいて、それを読んだら、あの『許されざる者』をもう一度読みたくなった。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第40回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ