読んだり、書いたり、編んだり 

3月に読みおわった本

3月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。「ブックマーク」の読者さんから紹介されて読んだ本が約3分の1で、ほかは図書館でぶらぶらと書架をみて手にとった本や、本を読んでそこから芋づるで手にとった本など。前から気になっていたのを初めて読んだのが獅子文六と辻村深月で、この2人はしばらくはまりそう。獅子の作は、古さを感じさせず…とはいえ「国電」などという言葉が出てくると、もう国鉄がJRになって30年ということは、若い人は小説に「国電」とあっても分からないのかもと思う。

ここまで読んだ獅子の3作『自由学校』『青春怪談』『てんやわんや』はいずれも新聞小説だったもので、そういえば沢木耕太郎の『春に散る』も新聞小説だった。毎日の新聞にコンスタントに連載される小説は、読みはじめると次の日も楽しみだが、何かの拍子に読みそびれてしまって、連載が終わるまで戻れないこともあったりする。獅子が1950年代にこれらの小説を書き進めていたころ、新聞にはどんな記事が載っていたのだろう、それらのニュースはどう受けとめられていたのだろう、と想像する。

この1か月は、たまたま美術館へ行くことが多かった。正置さんの『イギリス絵本留学滞在記』を読んだあとに、もう一度滋賀近美へクレイン展を見に出かけたし、ポスターを見て気になっていたクートラス展にも行けたし、同居人の父上といちど見にいった水仙盆はもう一度行く機会があったし、クラーナハ展にアレシンスキー展も見にいけた。このほかにギャラリーを何度かのぞく。

そして、友だちから教えてもらって、近所の大学へのこのこ出かけ、久しぶりに「研究会」というものに出てみた。高校生の頃に初めて読んだ村上信彦の、別の顔を知る。あの、古い古い『女について―反女性論的考察』(おそらくは母のものだった本)はどこかのダンボールに入っている気もするが、掘り出せそうにないので、そのうち図書館で借りて読みなおしてみたい。

いつまでもつか…と思いながら通い始めた遠ーい職場で2年が経つ。遠すぎる通勤に慣れたといえば慣れたが、やはり時間をとられすぎて日々こたえる。今日で、約2年いっしょに仕事をしてきた人が退職し、来週からの新年度は、新たな人と組んでの仕事になる。また「新しい」ことに出会えるのは、「動き」があっていいのかもしれないと思おうとしている。

春めいてきたと思うと冷え込んで、1月や2月に比べればあたたかいはずなのに、風の冷たさを感じた3月。この冬は、風邪らしい風邪もひかず、なんとか低め安定でやりすごせた。一方で、父の調子は相変わらず波が大きく、80を過ぎればガタがくるものであるなあとつくづく思う。不調だと「生活に自信がなくなってきた」とこぼしもするが、ほどほどの手出しで、ゆるく見守ろうと思う。

-----
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ