読んだり、書いたり、編んだり 

12月に読みおわった本

12月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。大の月のはずの12月が、あっという間に過ぎ去ったように思える1か月。担当業務はこまごまとした作業が続いて、くたびれた…という記憶はあるが、冬休みに入ったら、この1か月の仕事のことをほとんど忘れてしまった。この1か月に読んだ本も、タイトルを見直せば(ああ、読んだなぁ)とおもいだすが、読んだのは今月だったか?と思うほど。

やっと夏の不調から回復しつつある…と思われた父が、再び不調を訴え、たびたび実家へ様子見に行く。ついでに家の中のあれやこれやを手伝いながら、父の生活にどのくらい手を出していいものか、もっと手を出したほうがよいのかと迷う。口では「もうそんなにしょっちゅう来なくていい」と言うけれど、不調も手伝ってか気弱なメールがくると、こちらもやはり気にかかり、足を運ぶ。

暮れになり、あまりの紙の山を、少しは…と片づけていたら、数年前の伊藤比呂美のインタビュー記事が出てきて、それで伊藤が父のことを書いた『父の生きる』を思い出す。単行本で読んだ本だが、夏前に文庫化されたようで、もう一度読もうかと思う。

10日前、受診したら、手術をしてもよいのではないかと勧められ、迷う。20年近く前にうけた小さな手術が、後でけっこうキツかったことを思い出すと、今回勧められているのはそれよりも大きな手術で、迷う。手術をすれば、らくになることもあるだろうが、通勤は遠いし、そんなに休めるときがあるのかと思うし、迷う。しばらく、迷いながら、手術をした人・しなかった人の話を聞いてまわろうと思う。他の手だてがないのかも調べようと思う。

今月も、映画館で映画をみた。原作の『聖の青春』を読んだのは、同居人が入院していた頃で、もとは奴のリクエストで購入した本だった。もう1本、友人から拝借していたDVDで映画をみる。公開していた頃に、結局見にいきそびれた、本を作る男の話。ほかにもみに行きたい映画があったが、父のところへ行ったりで時間をとれず、行けたら1月に。

泳ぎにも行きたいが、もうしばらくは自分のカラダの点検か。

-----

ことし書いた原稿@『ヒューマンライツ』誌

HR201612(345)号


月刊誌『ヒューマンライツ』で、「本の道草」という本ネタを、ことしも引き続き書いている。

ことし最後の12月号が出たので、この1年のあいだに書いた原稿タイトル(と、本文およびイラストで言及した本)を整理。


-----
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ