読んだり、書いたり、編んだり 

6月に読みおわった本

6月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。通勤途上で、あるいは休みの日に、今月もいろいろ読んだなあと思うが、その読んだあれこれをなかなか書きとめられないまま、読むばかり。通勤時間にあまりにも浸食されていて、体力的にも精神的にもちょっとキツい。

梅雨らしい6月だった。こんなにシトシト雨の日が続く梅雨は、久しぶりな気がする。とはいえ、九州は大雨続きで、広島でも土砂崩れで電車が脱線したり(私がむかし住んでいた近くだ)、市街が冠水したり(イトコの住む近くだ)で、「シトシト」などと形容できるのは、大阪では強い雨がさほど続かなかったせいだろう。

ウチのあたりと職場付近とでは空模様が違うこともあり、出る前に天気予報と雨雲レーダーをにらんで、どの傘を持って出るか(長い傘か、雨用の折り畳み傘か、晴雨兼用か)、どの靴を履いていくか(長靴かふつうの靴か)と迷う日が多かった。職場のあたりで大雨洪水警報が出ていた日、すでにウチの付近は雨があがっていたし、逆にウチのあたりが土砂降りで大雨洪水警報の日には、職場付近はたいして降っていなかったり。あるいは、一日のうちで雨から晴れへ、晴れから雨へと天気が移り変わる日もあった。長靴を履いて、長い傘を差していったのが、帰りにはくっきりと影ができるほど晴れて、日除けに雨傘を差してみたり。

雨が多かったが、晴れた日には30度を超える真夏日もあり、かと思えば最低気温が10度近い薄ら寒い日もあって、電車やら建物のクーラーはだんだん強くなってくるし、職場まで歩くとじっとり汗ばむし、体調を崩さないようにと心掛けるのが精いっぱい。それでも移動疲れのせいか、月半ばには調子が悪かった。

5月に亡くなった伯母の満中陰法要と納骨のため、父を妹とカバーして広島往復。2ヶ月近くが経つものの、姉の急逝に父はやはり落ち込んでいるよう。生きていた人が不在になることには、そう簡単に慣れられない。

-----
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第39回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ