読んだり、書いたり、編んだり 

12月に読みおわった本

遠ーーい職場での担当業務がまた忙しくなってきて、残業は全くしないものの、疲れたーと帰る日が増え、電車で本を開きながらウトウトすることが多くなった。仕事納めの日には、定時で終わる間際までこまごまと慌ただしく、帰りの電車で座り込みたくなるほどくたびれた。

今月も芝居をみた。母の友人であったKさんも出演された朗読詩劇。原作となった『広島第二県女二年西組』は、8月6日に爆心地近くの建物疎開作業で被爆死した級友たちの最期を、その日病欠したために生きのびた作者の関千枝子さんが遺族を訪ねて記録したもので、母の本棚にあった古い本を数年前に読んでいた。だが、「こまい兵隊」として動員された子どもたちが"お国のために死んだ「最年少の英霊」"として靖国神社に合祀されたくだりは、私の記憶にはまったく残っていなかった。

関さんが今年の8月に出された『ヒロシマの少年少女たち』を読んでそのことに気づく。いまの中学1年、2年にあたる年齢の子どもたちが、広島市内の各学校から8000人以上も動員されて建物疎開作業にあたっていた。約6000人の子どもが死んだ。被爆死した中には少なからぬ朝鮮半島出身者がいたが、後に「最年少の英霊」が合祀された際にはそれらの生徒は"外国人"だからと除かれたというのだ。

間中ムーチョ「ニッポンの犀たち」201512
間中ムーチョ「サイの国ニッポン」
(合同展「それぞれの形―色と形 101―」12/4~13@スペース草 出展作)

ことし書いた原稿@『ヒューマンライツ』誌

2015年12月号(No.333) 月刊誌『ヒューマンライツ』で、「本の道草」という本ネタを書いている。その前の連載は「頭のフタを開けたりしめたり」というタイトルでずっと掲載していたので、どの原稿をどの号に書いたものやら…状態になってしまった(しかも、目次でこのタイトルを見ても本ネタだとは分かりにくい)。

それで、新しい連載タイトルは本ネタと分かるであろう「本の道草」を付けて、毎号のタイトルを入れることになった。編集さんからの要望で、誌面の隅っこに「イラスト」も描いている(もう1、2冊を紹介する絵であることも多い)。

2014年4月(313号)からの連載は1年すぎて、この12月号で21回目。年末につき、とりあえず、ことし書いた原稿タイトル(と、本文およびイラストで言及した本)を整理。

-----
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第40回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ