読んだり、書いたり、編んだり 

10月に読みおわった本

10月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。月初めには(命令形で終わるタイトルの本を続けて読んだなー)と思ったのを記憶しているが、それがものすごく遠い遠いむかしのように感じられる月末。

あらかじめ想定していたものの、月の半ばあたりから担当業務が繁忙をきわめてぎゅうぎゅう。仕事の密度が急激に上昇し(体感では1.5倍くらい)、遠い通勤とあいまって、まったく残業せずに定時で一目散に帰っているのに、へとへとのよれよれである。この繁忙状態が一段落するまであと1週間余り。ほどほどに体調を維持して、なんとか乗り切りたい。

そんなよれよれの合間に、久しぶりに本屋をうろうろして、いただきものの図書カードを使い切るイキオイで本を数冊買った。(が、どれも読みさし。) なるべく最寄りの本屋でと思いながら、ネット書店でもぽちぽちと本を買い、これはやはりストレス解消なのか。

図書館にはいつものようにお世話になって、モンゴメリの『丘の上のジェーン』の新訳を読んだあと、そもそもの村岡花子訳が読みたいとヨソの図書館から取り寄せてもらった。旧訳も新訳も、ジェーンが母を呼ぶのは「お母さま」で、そういう言葉遣いが彷彿とさせる家柄(?)という意味で、こういう訳語の選択になるのだろうか、などと思う。

10月に入ってからも半袖を着てその上に長袖を羽織っていたが、朝の気温が下がってきて最後の1週間は長袖にした。職場を出る時刻には空がかなり暗くなってきた。年賀はがきの売り出しが始まり、今年もあと2ヵ月。まもなく、出勤時も退勤時もまっくらになるのだろう。

-----
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ