FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

3月に読みおわった本

3月に、てっぺんから最後まで読んだ本(と、見た映画)のリスト。月初の日曜に「ブックマーク」83号を発送し、確定申告をなんとかすませたあと、予定していたスケジュールがちょっと変わって、時間が空いたので、今月は劇場へ3度運んで映画をみた。友だちが貸してくれたDVDもみた。

本を読んだらときどき発生する「なぞ」や「気になること」を追って、今月は近所の図書館のレファレンスにいつも以上にお世話になった。宮武外骨の本の書誌が気になって、和紙和装の『筆禍史』初版をヨソから取り寄せて見せてもらったのがひとつ。復刻版はあっても、現物があるなら見てみるものだなあと実感。梅にウグイスが群がっている…と思ったのはどうもメジロで、図書館にあった鳥の図鑑で「ウグイス」と「メジロ」を次々に引いてみると、ウグイスを「ウグイス科」とするものと「ヒタキ科」とするものとが混在していて、何か論争でもあるのか?あるいは科の分類が変わったのか?と資料をあたってもらったのがひとつ。このときは、私があれこれメモしているノートを「それはわくわくノートですか」と尋ねられた。

2月からまずひと月のんだ鉄剤のおかげで、貧血はだいぶ改善し、安定するまでもう少しとのことで、もうひと月続けてのんでいる。

気温の変動が大きくなってきて、雪が降るほど寒い日もあったのに、月末の今日は暑いくらいだった。近所の桜もどんどん開いて、満開も近い。

-----
スポンサーサイト

サザエさんの東京物語(長谷川洋子)

サザエさんの東京物語サザエさんの東京物語
(2015/03/10)
長谷川洋子

商品詳細を見る

季刊誌『考える人』の、この冬号の「家族ってなんだ?」特集や、その後ミシマ社のサイトで読んだ編集長インタビュー※がおもしろかったので、以来「考える人」メールマガジンに登録。

メルマガは週に1度で、こないだは『サザエさんの東京物語』が紹介されていて、おもしろそう!読みたい!と思ったら、文庫になったばかりのようで、午後になって本屋へ行って買う。そして、日が暮れるまでに読んでしまった。

これは、サザエさんやらいじわるばあさんを描いた長谷川町子の実妹・長谷川洋子さんが"姉の素顔"、家族の中での町子のことを書いた本。著者は文庫版あとがきで、「私の見た町子像も、妹という限られた立場から見た町子の一面にすぎないこと」(p.222)をことわっている。

長谷川町子は極端な人見知りで知られたというが、それは一家で上京したあとのカルチャーショックがあまりに大きかったのかもしれない。うまれ故郷・福岡での小学校時代、町子の「悪童」ぶりがスゴすぎて、読みながらあちこちで笑ってしまう。帰ってきた同居人に読んで聞かせても笑っていた。

おもしろくて、そして3姉妹の「末妹」が書いたところに、3姉妹の「姉」の私はあれこれと妹のココロを想像し、姉たちの胸のうちを想像しながら、寝るまでにもう1周読む。

アメリカ様(宮武外骨)

アメリカ様アメリカ様
(2014/02/06)
宮武外骨

商品詳細を見る

『宮武外骨伝』を読んでいるとちゅう、出かけるときにカバーをかけて持って出たつもりが、リュックの中に本がなく、読むものがナイナイナイと、途中の本屋で在庫のあった外骨の『アメリカ様』を購入。うしろには、増補改訂版の『筆禍史』が(主に明治の部分のみ)抄録されている。

「アメリカ様」は、言論の不自由な時代を長らく過ごした外骨が、"勝ってくださったアメリカ様"がもたらした初めての言論の自由のなかで綴ったものである。本が出たのは1946年5月3日、この日は東京裁判の開廷日だったという。

序には"アメリカ様"のおかげについて、こんなふうに書かれている。
▼…今日の結果から云えば、この敗戦が我日本国の大なる幸福であり我々国民の大なる仕合せであった。もしも(万一にも)こちらが勝ったのであるならば、軍閥は大々的に威張り、官僚や財閥までも共に威張り、封建的思想の残存で、ますます我々国民を迫害し、驕傲の振舞、憎々しい態度、肩で風切り、反身になって、サアベルをがちゃつかせるに相違ない。その上、重税を課し、兵役を増し、軍備を倍加し、以て八紘一宇とやらの野心をつッぱり、侵略主義の領土拡大を策するなどで、我々国民はどんなに苦しめられるか知れない。これを思えば敗戦の結果、総聯合軍のポツダム会議で決定された我日本を民主化の平和国とするべき意図の実行で、代表的のアメリカ様が御出張、マックァーサー元帥の指導命令で日本の官僚、軍閥、財閥をたたき付けて下さる壮絶の快挙、これに加え、我国開闢以来、初めて言論の自由、何という仕合せ、何という幸福であろう。… (pp.14-15)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ