FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

イスラームの世界観―「移動文化」を考える(片倉もとこ)

イスラームの世界観―「移動文化」を考えるイスラームの世界観
―「移動文化」を考える

(2008/02/15)
片倉もとこ

商品詳細を見る

『コーランを知っていますか』を読んだら、あれ、あれ、あの本を読みなおしたいと、本棚から出してきて読む。この本は、図書館で借りて文庫を読み、文庫の底本となった同時代ライブラリー版を読み、さらに元の単行本も読んでいる(バージョンが変わるにつれて多少の手入れがなされ、骨格は同じだが、衣が身に馴染んだ感じ)。

それから6年前に文庫を買い、ときどき読みたくなって、出してきて読む。私のメモによると2011年にも読んでるし、2013年にも読んでいる。

p.201の写真には、"「生きること」は「うごくこと」.人生の大半を移動して過ごす人たち"というキャプションがついている。そういう生き方のなかからイスラームはうまれてきたといえる。

なんど読んでも、この本のテーマである移動、動くという生き方に心ひかれる。「うごき」を重んじるイスラームの世界観にふれると、自分が開かれていく感じ。移動は、いく先々で、いろんな人たちとの出会いにつながる。

著者のいう"非構造的共生"の社会がもつ寛容さの一方で、「それなりに安定した平穏な世界が、民族紛争の絶えない世界へと変化していったのは、近代西欧がこの地域にはいってきてからである」(p.158)と著者は記す。すなわち「言語が政治的意味をもつようになり、公用語が設定され、一民族一国家の理念が浸透していったのであった」(p.158)と。

国民国家誕生のきっかけは"自由、平等、博愛"を叫んだフランス革命であったと著者が書いているところが、今回読んで、ぐわーんと響いた箇所。
スポンサーサイト



貝のうた(沢村貞子)

sawamura_kai.jpg貝のうた
(1983/03)
沢村貞子

商品詳細を見る

おていちゃんの弟・加東大介の『南の島に雪が降る』には、おていちゃんの「後記」がついていて、この弟の本を読んだら、姉ちゃんの本もまた読みたくなって、本棚から古いのを出してきて読む。ずっと前から持ってて、何度か読んでる本で、この前に読んだのは2009年の暮れのこと。

私の記憶にしかと残っていなかっただけで、おていちゃんは、もちろん弟のことも、弟の出征のことも書いていた。母は陰膳をそなえ、妻である義妹ともども「生きて帰るという望み」を捨てずに待っていた。

8月15日、「終わったのよ、終わったのよ、私の旦那さまが帰ってくるのよ」(p.245)と言う義妹とおていちゃんは、手を握って家の中をぐるぐる踊りまわったそうである。

戦争中、弟はニューギニアで芝居をしていた。姉は、兄(沢村国太郎)の劇団に加わって旅から旅へと芝居を続け、ゆく先ざきで皇軍慰問をしていた。そのときに、口に出して言えなかった思いを、おていちゃんは書いている。

ヒトラーのウィーン(中島義道)

ヒトラーのウィーンヒトラーのウィーン
(2015/01/07)
中島義道

商品詳細を見る

もらった伝記マンガ『劇画ヒットラー』を読んだあと、遠出のお供になにか文庫本を…と本屋をうろうろして、この『ヒトラーのウィーン』を購入。水木しげるが追求した「アドルフ・ヒットラーとはいったいどんな人間だったのだろうか」に通じるものを感じる(この文庫のp.29に掲げられている「青年期のヒトラーを友人が描いた絵」は、水木しげるが描いたヒトラーの顔によく似ている)。

この本の中心はヒトラーが10代の終わりから20代前半の5年ほどを過ごしたウィーンでの話だが、著者自身が30代にしてウィーンで学んだ日々のことも入り混じって書かれている。著者の中島義道は1979年、33歳でウィーンに降り立った。

▼東京大学人文科学研究科の大学院で哲学の博士課程に進むことを拒否され予備校教師に納まったものの、まったく適性はなく、それも見限ってウィーン大学に(私費)留学するために、まさに清水の舞台から飛び降りる覚悟で誰ひとり知る人のいないウィーンに飛んだのである。(p.32)

こうした「私自身ウィーンで生活を一からやり直したという思い」(p.32)があって、著者はウィーン時代のヒトラーに特別の関心を寄せる。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ