FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

コーランを知っていますか(阿刀田 高)

コーランを知っていますかコーランを知っていますか
(2003/08/28)
阿刀田 高

商品詳細を見る

最近は、なにか事件や事故があると「テロか?」「イスラムか?」みたいな反応が少なからずあり、そのたびにバランスをとるかのように「本来のイスラムの教えでは…」という記事も出たりする。

ここでイスラムの教えのことをもうちょっと知りたいと思い、図書館にあった本のなかから、阿刀田高の『コーランを知っていますか』を読んでみた。「イスラムへの理解は21世紀の大きな課題」(p.284)という立場で書かれたエッセイである。

こういうタイトルの本を、むかし母の本棚で見たような…と思ったら、阿刀田高は『~を知っていますか』シリーズとして、旧約聖書、新約聖書、ギリシア神話、イソップ物語、源氏物語…などを書いているらしい。出版年からすると、母の本棚にあったのは、聖書かギリシア神話であろう。

さて、「コーランには私たちの常識では割り切れない部分がある」(p.7)と話を始めた著者は、まずはユダヤ教、キリスト教とイスラム教の関係を語る。いまでは「ムハンマド」と書かれるが、この本では「マホメット」。私が習った教科書や資料集も「マホメット」だった気がする。この響きがなつかしい。

▼ユダヤ教もキリスト用も同じ唯一神を仰ぎ、これまでにも神の言葉を伝える聖典〔ユダヤ教の聖典や旧・新約聖書〕がくだされ、数多くの預言者〔モーセやイエスなど〕がこの世に送られて来たが、人々の胸にまだ充分に神の教えが届いたとは言えない。いよいよ最後にマホメットが現われ、もっとも充実した教典であるコーランがつかわされた、と、これがイスラム教側の見方である。(p.16)

阿刀田流にいえば「アラーはすべてをお見通し」。もともとは同じ神様の教えであって、だからコーランの話には、当然、聖書と似たところもある。
スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ