FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

新しい免疫入門 自然免疫から自然炎症まで(審良静男、黒崎知博)

新しい免疫入門 自然免疫から自然炎症まで新しい免疫入門
自然免疫から自然炎症まで

(2014/12/19)
審良静男、黒崎知博

商品詳細を見る

電子書籍で買って読んだ同居人がめっちゃおもしろいと言うので、私も図書館で(紙の本を)借りてきて読む。この本のキモは、「まえがき」にダイジェストされている。

▼20世紀のおわりから21世紀の今日にかけて、免疫の〝常識〟は大きく変わった。
 たとえば、自然免疫による病原体認識という段階がなければ獲得免疫は始動しないことがわかり、従来の、自然免疫=下等なシステム、獲得免疫=高等なシステム、という図式が崩れ去った。自然免疫と獲得免疫は、どちらが上、下という関係でなく、相互に補完してわたしたちのからだを病原体から守っていたのだ。
 一方、最新の研究では、糖尿病、痛風、動脈硬化、アルツハイマー病など慢性炎症がからむ病気は、免疫システムによって引きおこされる自然炎症が原因とする説が有力になりつつある。そうなると、わたしたちがかかる病気の半数以上は、本来は病原体からからだを守る存在である免疫システムが原因となっている可能性が高い。(p.3)

20世紀終盤のブレークスルーは、それまで"ただなんでも食べるだけの原始的な細胞"と思われていた食細胞(マクロファージや好中球など)が、病原体を感知するセンサーをもっていると分かったことだ。そのセンサーであるTLR(トル様受容体)と、この受容体に結合する特定の物質(リガンド)が、リポ多糖(細菌の細胞壁成分)の認識するTLR4の発見をきっかけに、一気に解明された。
スポンサーサイト



 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ