FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

太陽の塔(森見登美彦)

太陽の塔太陽の塔
(2006/05/30)
森見登美彦

商品詳細を見る

この人の名前は知っていたが、本を読んだことはなかった。こないだ、最寄りの図書館が蔵書点検で休みのあいだに、久しぶりに2駅隣の図書館へ行ったときに、ブックトラックに並んでいたこの文庫の太陽の塔というタイトルがどうしても気になって、借りてきた。

表紙カバーの左上に太陽の塔の絵がかいてある。文庫巻末に解説を寄せている本上まなみが「実は、わたしは万博公園のすぐ近くで育ちました」(p.232)と書いているのと同じように、私も万博公園の近くで生まれ育った。保育園の遠足も万博公園だったし、小学校の毎年の写生会も万博公園だったし、なにかというと万博公園だった。私が小5まで住んでいたのは、万博公園まで子どもの足で遠足というほどの位置にある団地だった。

私が子どもの頃には太陽の塔の屋根※もまだあった。おそらく、この小説の主人公・森本は、屋根から顔(てっぺんの未来の顔)をのぞかせた太陽の塔を見ていないのであろう。万博公園から歩いてすぐのところにあったマンションに住んでいた森本は、週末になると両親に連れられて公園に出かけた、という。

▼…私の人格の底辺界隈はほとんど万博公園の風景で埋め尽くされている。その風景の中ににゅううっと屹立して、あたりを睥睨しているのが太陽の塔であった。 …(略)… 私の場合、まずそこに太陽の塔があった。太陽の塔には人間の手を思わせる余地がなかった。それは異次元宇宙の彼方から突如飛来し、ずうんと大地に降り立って動かなくなり、もう我々人類には手のほどこしようもなくなってしまったという雰囲気が漂っていた。 …(略)… むくむくと盛り上がる緑の森の向こうに、ただすべてを超越して、太陽の塔は立っている。(pp.115-116)

主婦の天気図(木村治美)

主婦の天気図(文藝春秋)主婦の天気図
(1979/01)
木村治美

商品詳細を見る

次号の「ブックマーク」を支度中。掲載予定のPさん(このミニコミを始めた人)の古文書がらみで、調査。木村治美のエッセイ集にまつわる引用箇所があり、しかし原稿用紙にはその本の題名が書かれていない(この原稿用紙に書いた時期も推測しかできない)…。

木村治美のエッセイで主婦モノ、読んだのはおそらく1983年の春頃、という手がかりをもとに、版元のサイトには"主婦論の原点"とか書いてあったし、図書館でこの本を借りて読んでみるも、ハズレ。Pさんが原稿用紙に引用している箇所と似たようなことは書いてあったが(「ブロンテ姉妹の牧師館」など)、同じではなかった。

しかも、図書館の本を読み終わって気づいたが、この本は1979年刊だった(その後に出た文庫版が1982年刊だったので、私の勘違い)。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ