FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

おさがしの本は(門井慶喜)

おさがしの本はおさがしの本は
(2011/11/10)
門井慶喜

商品詳細を見る

タイトルが気になって読んでみる。主人公は図書館のレファレンス・カウンターを担当する和久山隆彦。図書館によっては「調査相談」とか「しらべもの」という札がかかっているこのレファレンスという職務は、「調べもののお手伝い」をする。私は調べたり探したりはあまり苦にならないが、自分の調べでは限界と思うときや、違う切り口で探してほしいと思ったときには図書館でお願いする。

へぇぇ、そんな本があるんですか!と思うときもあるし、どうやって調べていったのか時間がゆるすなら詳しく伺いたいと思うときもある(図書館のカウンターは忙しそうなので、なかなかそういう機会はないが)。

私はこれまで住んできた自治体あるいは通勤通学先の自治体、さらには通ってきた学校の図書館、図書室、さかのぼれば近所のおばちゃんがやっていた文庫まで、ずーっと図書館の類に入り浸ってきたので、こういう図書館モノの小説を読むと、自分の経験に照らしてあれこれと思う。

「ほんの一部の人々しか貸出サービスを利用しない」(p.23)とか、「レファレンス・カウンターなどは存在しないに等しい」(p.24)などと読むと、これは話の展開に必要な場面設定なのだろうが、この図書館は朝から晩までどんな感じなのか、書架の高さはどれくらいで、どういう向きに並んでるのか、カウンターはどんな風かと想像するのだった。

主人公の和久山は、大学で司書資格をとり、公務員試験に通って、N市立図書館に入職して6年目。「しょせん図書館など知の宝庫ではない。単なる無料貸本屋か、そうでなければコーヒーを出さない喫茶店にすぎないのだ。少なくとも市民の目にはそうなのだ」(p.25)という諦めのような境地に至っている。

庶民烈伝(深沢七郎)

庶民烈伝庶民烈伝
(2013/01/23)
深沢七郎

商品詳細を見る

本読みの友が、いつだったか買っていた深沢七郎の本が発掘された!と読んだそうで、「おくまさんがね…」と内容にかかわるメールがきたところで、待って待って、まだ読んでないから待ってと、私も図書館で本を借りてきて読む。タイトルどおり、"庶民"の生き方が描かれたものである。

友の「おくまさんがね…」というのは、周囲を気遣って決して本音を言わずにいる母親おくまの話「おくま嘘歌」であった。嫁の心を考え、嫁いだ娘の気持ちを考え、おくまは「こう思わせたい」行動をとる。

ほんとうは娘の顔が見たくて婚家へ訪ねてきたのに、「坊の顔を見たくて来たのオジャンけ」(p.68)とおくまは嘘を言う。孫の顔を見たくて来たと言った方が娘が喜ぶと思ったからだ。その孫をおぶったおくまは、ちょっとの間に大きくなった孫が肩が痛くなるほど重いと感じる。それでも、苦しげにおぶっていては、かえって娘に心配させるから、そんな重い子をずっとおぶっていたのかと問われたときには、「なーに、いっさら、クタビれんでごいす」(p.70)と嘘を言う。

おくまの言動はずっとこんな具合だ。娘の家から帰ってきたとき、嫁も息子も疲れただろうと言ってくれる。たしかにくたびれているのだが、娘の家へ行って疲れて帰ってくるのは申し訳ない気がするし、そう思われては次に行くときに気がひけるから、やはりおくまは「なに、いっさら」(p.73)と嘘を言う。そうして、死ぬときにも嘘を言ったおくまが描かれる。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在93号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第72回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ