FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

1月に読みおわった本

1月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。ふだんは郵便を出しても、メールで返事が来ることが多いが、年賀状というのは、わりと郵便で返事がくるものである。この正月はとにかく寒かった。大阪も一時は吹雪であった。

深沢七郎の「これがおいらの祖国だナ日記」を探していたところ、「ブックマーク」読者の方が職場の図書館に所蔵のあった古い掲載誌(『群像』)のコピーを送ってくださって、読むことができた。

阪神大震災の発災から20年。大阪の箕面であの地震を経験した小松左京の記録を読み、当時私が住んでいた吹田と地理的にも近いせいか、いろいろと思い出すことがあった。小松は記録を残すことの大切さを訴え、被災した市民、企業、行政に記録を残そうと呼びかけた。

地震計の記録によると、あの激しい揺れは10秒間のことだったという。小松自身、少なくとも20秒くらいは揺れが続いたと感じたそうだが、私もきもちわるいほど長く揺れたと記憶していた。記憶をたしかめながら、記録を読んでみたいと思った。

殺人出産(村田沙耶香)

殺人出産殺人出産
(2014/07/16)
村田沙耶香

商品詳細を見る

『変愛小説集 日本作家編』に収録されていたこの人の「トリプル」がおもしろかったので、なにやら怖ろしげなタイトルながら借りてみたが… 表題作はちょっと怖かった。

未来の、「今」とは価値観が変わった世界を描き、ひるがえって「今」信じているものや、「今」アタリマエのことは、ほんまにそうなのか?と問いかける。そんな作品が4つ。

表題作「殺人出産」は、「10人産んだら一人殺してもいい」という殺人出産システムが海外から導入された100年後の世界を描く。その未来の世界でも殺人はいけないこととされているが、殺人の意味は大きく変わっている。たとえば、学校で教師はこう語る。「命を奪うものが、命を造る役目を担う。まるで古代からそうであったかのように、その仕組みは私たちの世界に溶け込んでいったのだ」(pp.12-13)と。

やかまし村の春・夏・秋・冬(アストリッド・リンドグレーン)

やかまし村の春・夏・秋・冬やかまし村の春・夏・秋・冬
(2005/12/16)
アストリッド・リンドグレーン

商品詳細を見る

年明けに"お年玉本"をどうしようかな~と思いながら、読んでみた。リンドグレーンというと、ピッピくらいしか読んでない。読み終わってから気づいたが、シリーズ3冊のうち、これは真ん中の巻で、先に『やかまし村の子どもたち』、あとに『やかまし村はいつもにぎやか』があるらしい。もちろん単独でも読めるけど、他の2冊もまた読んでみたい。

読みはじめた最初は、ラッセ、ボッセ、わたし(リーサ)、オッレ、ブリッタ、アンナ…と出てくる子どもの名前がごっちゃになって、これはどこの誰やったっけ…と最初に戻ったりしたが、だんだん馴染んできた。

スウェーデンの「やかまし村」の6人の子どもたちの日々。6人…というと、学年ごとに出入りはあったけど、学童保育に通うさいごの学年、小3のときに一緒だった「6人」を思い出す。はっきりとは書かれていないが、やかまし村の子どもたちはそれくらいの年頃だろう。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ