FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

レッツゴー・ばーさん!(平 安寿子)

レッツゴー・ばーさん!レッツゴー・ばーさん!
(2014/12/08)
平 安寿子

商品詳細を見る

タイラアスコの新しい本が出てたので、図書館でちょっと待って借りてくる。いま売れ売れのピケティ本『21世紀の資本』と同じ12月8日刊だが、図書館でまわってきたのは1刷(12月に出た本はフツーそうでしょう)、同居人が買い求めてきたピケティ本は12月22日に4刷だった(600ページもある重い本が異様な売れゆき)。

▼老いを隠そうとするのは、そこまで生きてきた自分の人生をまるごと否定するのと同じじゃない?
 そんなの、わたしはヤだね。
 というのが、六十代デビューしたばかりの東西文子[とうざいあやこ]、目下のスタンスである。(p.8)

ばーさんになっていくと、身体気力その他もろもろにいかなる変化(=老化)が起こるものであるか?ということを、60代に入ったばかりのプレばーさんである文子を主人公に、小説仕立てで書いている。文子が、少しばかり年上の先達のご様子を伺いつつ、ばーさんになっていくわが心身を省みて、あーだこーだと思案し、周囲の同年代の友などと語らうところが、私にはベンキョウになる。まだ身に迫っていないからだろう。

文子の「身体の声」は正直で、アタマのほうがぐじゃぐじゃ考えてるのをすっとばして、わが身を訴える。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ