FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

〈役割語〉小辞典(金水敏・編)

〈役割語〉小辞典〈役割語〉小辞典
(2014/09/17)
金水敏・編

商品詳細を見る

この著者が新聞に書いた「そうよ役割語は深くてよ」という記事を読んで、これは読んでみたいと思っていた。辞典と名がついているが、どれくらいの大きさのものなのか、図書館は禁帯出にせずに貸してくれるだろうかと思っていたら(以前、内容が「引く」というより「読む」ものなのに、貸してもらえず、館内で読んだ辞典の経験があるため)、読みものとしてフツーに借りられる本扱いで、有り難く借りてきて読む。編者の名の読みは「きんすい・さとし」。

役割語について編者の金水が最初に出した本は『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』という本だそうで、そこに書いた定義を、この辞典の巻頭にも引いている。

▼ある特定の言葉づかい(語彙・語法・言い回し・イントネーション等)を聞くと特定の人物像(年齢、性別、職業、階層、時代、容姿・風貌、性格等)を思い浮かべることができるとき、あるいは特定の人物像を提示されると、その人物がいかにも使用しそうな言葉づかいを思い浮かべることができるとき、その言葉づかいを「役割語」と呼ぶ。(金水 2003、205頁) (p.vi)

たとえば、
 「わしが知っておるんじゃ」
 「わたくしが存じております」
 「ぼくが知ってるよ」
 「おら知ってるだ」
 「うちが知ってんでー」
 「拙者が存じておりまする」

というそれぞれのセリフを、どんな人物が話しているとイメージするか、ということである。おそらく日本で育った日本語話者であれば、ほぼ同じ人物像をイメージできるだろう。そのイメージを喚起できる言葉づかいが「役割語」なのだ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ