FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

お金のある人の恋と腐乱(姫野カオルコ)

お金のある人の恋と腐乱お金のある人の恋と腐乱
(2014/11/07)
姫野カオルコ

商品詳細を見る

11月の初めに、本屋で、おっ、姫野カオルコの新しい文庫と思って、ぴらっと見たら、もとは『コルセット』で、それを加筆修正し、タイトルも変更したものだということだった。その日は、まだ待ち受けている仕事があったため、(あとでー)と思って棚に返して帰り、後日、買ってきて読む。

子供の頃から恋愛ものがどうも嫌いだったという姫野カオルコが、40代後半に、「試みを課そう」と思って書き始めた一人称小説の恋愛もの。

『お金のある人の恋と腐乱』というタイトルだけあって、"お金のある人"が出てくる。そこがちょっと『本格小説』風でもあった。表紙のカバー裏にも引かれているが「恋愛で結びつくなどという行動は、働かないと食べてゆけない人がすること」(p.192)という世界の"恋愛もの"である。

4編入ってる話は、どれも「藤沢さん」と「わたし」の話だが、話ごとに、「藤沢さん」は別人だし、「わたし」も別人… で、ちょっとアタマが混乱しそうになる。が、この藤沢さんが、あの藤沢さん…などと整合性を求めなくても、話は楽しめる。

▼男のラベルにひかれる女は清らかなのだろう。淫蕩な女にとってラベルは無価値だ。わたしは淫蕩なのだろう。自分の舌がうまいとかんじるか否か、自分のからだが気持ちいいとかんじるか否か。基準はそれしかない。他人の評価はなんの意味もない。(p.52)
スポンサーサイト

ディアスポラ紀行―追放された者のまなざし(徐京植)

ディアスポラ紀行―追放された者のまなざしディアスポラ紀行
―追放された者のまなざし

(2005/07/20)
徐京植

商品詳細を見る

読んでみたいと思っていた"ディアスポラ"なんとかの本が図書館になかったので、検索して出てきた中からタイトルに"ディアスポラ"と入った徐京植さんの本を借りてみる。

ちょうど10年前に雑誌『世界』の連載として書かれたものだ。

大文字のディアスポラ(Diaspora)は〈離散ユダヤ人〉とそのコミュニティを指してきたが、今日では小文字の普通名詞diasporaとして、さまざまな離散の民を言い表すことが多くなっていると書いたあとで、徐さんはみずからの定義を述べる。

▼以下の文章で私は、近代の奴隷貿易、植民地支配、地域紛争や世界戦争、市場経済グローバリズムなど、何らかの外的な理由によって、多くの場合暴力的に、自らが本来属していた共同体から離散することを余儀なくされた人々、およびその末裔を指す言葉として、「ディアスポラ」という語を用いることにしよう。(p.2)

あるいは、こうも書いている。
▼私はかつて田中克彦の議論(『ことばと国家』岩波新書)を借りて、ディアスポラにあっては祖国(祖先の出身国)、故国(自分の生まれた国)、母国(現に「国民」として属している国)の三者は分裂しており、そのような分裂こそディアスポラ的生の特徴であると述べたことがある。(p.102)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ