FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

季節のうた(佐藤雅子)

季節のうた季節のうた
(2014/05/08)
佐藤雅子

商品詳細を見る

図書館で本を返したあと、珍しく受けとる予約本もなく、面陳棚をぶらーっと見ていたら、この本が目に入って、なんとなく借りてきた。文庫カバーの袖にある著者略歴を見ると、1909年うまれ、1977年に亡くなったこの人の夫は、元人事院総裁の佐藤達夫氏とあった。

佐藤達夫の名は、『日本国憲法の誕生』で見たおぼえがある。法制局部長で、日本国憲法がつくられていくときに深く関わった人だ──と、思っていたら、一月から順に、月ごとの暮らしぶりを書いた中に、三月「憲法起草のころ」という文章があった。

▼昭和22年3月4日の晩、これまでだまって家をあけたことのない主人が、いつまで待っても帰ってまいりません。物騒な時代のことで、私と娘たちは一睡もせず朝を迎えたのでございました。(中略)
 6日の朝、主人の帰りを待ちながら立ちつくしておりますと、坂道をはうようにしてのぼってくる主人の姿が見えました。とても生きた人間の顔ではありません。GHQ(当時の占領軍総司令部)で一晩、首相官邸で一晩、二日二晩ぶっつづけの徹夜作業だったとのことでございました。当時は何の仕事か主人は一言も申しませんでしたが、ずっとあとになって、それが憲法起草の仕事のはじまりだったことを知りました。(pp.58-59)

日本の百年〈9〉廃墟の中から―1945~1952(鶴見俊輔)

日本の百年〈9〉廃墟の中から―1945~1952日本の百年〈9〉
廃墟の中から―1945~1952

(2008/06/10)
鶴見俊輔

商品詳細を見る

この「日本の百年」シリーズは、1巻の『御一新の嵐』をはじめ、各巻をちょろちょろと読んだことはあったが、1冊まるまる最初から最後まで読むのは初めてな気がする。「占領下」のあたりのことが読みたくて、この1945~1952とある9巻『廃墟の中から』を図書館で借りてみた。600頁近い文庫本を、数日かけて読んだ。

この9巻全体の編著をうけもった鶴見俊輔が、巻末の「解説」で、こう書いている。

▼戦後日本史をつらぬく太い線は、敗戦による窮乏とその窮乏からのたちなおりの過程である。窮乏状態が『日本の百年』の第9巻(『廃墟の中から』)、たちおなりが第10巻(『新しい開国』)である。
 窮乏の中で、もっともはげしく未来の形がさがし求められる。敗戦前後の窮乏状態の記録の次に、未来像の創造の記録をおくことにした。
 日本百年の歴史の中で戦後史にのみある主題は、敗戦とともに、占領である。日本人がどのように占領をうけとめたかの記録を次においた。
 日本戦後史の中で、経済の復興、貿易の再開、技術の進歩と生活の技術化、大衆消費生活の向上、マスコミ・広告・大衆娯楽の発達などは、第10巻にゆずった。戦争裁判は時期としては、第9巻にいれるべきだったが、再軍備論争・憲法改正論争との関係で、第10巻にまわした。松川事件・鹿地事件も、事件のおこったあとで問題が深くなったので、第10巻にゆずることにした。原水爆反対運動・基地闘争も、同様である。(pp.567-568)

なので、9巻のあとは、やはり10巻の『新しい開国』を読みたいところ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ