FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

フランスの異邦人―移民・難民・少数者の苦悩(林瑞枝)

フランスの異邦人―移民・難民・少数者の苦悩(林瑞枝)フランスの異邦人
―移民・難民・少数者の苦悩

(1984/01)
林瑞枝

商品詳細を見る

『娘に語る人種差別』をこないだ読みなおしたとき、巻末のあたりに出てきたフランスの反人種差別法のことが知りたくて(『ヘイトスピーチとは何か』にはヨソの国の立法の例があげられていたが、フランスは入ってなかった)、できれば本で読めるものをと図書館にレファレンスを頼んでいた。

図書館では親切に探してくれて、本はなかなか新しいのがないようだと、まずインターネットで見ることのできる論文をいくつか教えてもらった。

それからしばらくして、本はやはり古いものばかりですといくつか出してもらった中に、これも入っていた。「フランスの人種差別禁止法と表現の自由」『部落解放研究 59』、1987年2月)という古い論文のある著者の本(この古い『部落解放研究 59』も貸し出してもらった)。

1967~71年、そして77年~81年のあいだフランスにいたという著者が、サブタイトルのとおり、フランスにおける「移民・難民・少数者の苦悩」について取材して書いたものだ。30年前の本だが、今の日本もこんな感じ…「今の」というより、ずっとそうだったのだろうけど。

1972年の人種差別禁止法のことも書かれている。著者の書くところによれば、こういう内容。
スポンサーサイト



 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ