FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

7月に読みおわった本

7月に、てっぺんから最後まで読んだ本(と、見た映画)のリスト。今月はちょっと読みすぎ。『海街diary』の6巻が出て買って読み、あとの巻はヨソへ貸出中だったので、なぜか数ヶ月前に同居人が購入していた電子書籍版を「きんどる」にて再読。あとは紙の本。

例年より遅めに植えたゴーヤも、だいぶ伸びてボウボウになってきた。午後からの強い日射しは"葉陰で読書"には暑すぎるが、風のよく通る午前中なら、ぶらさがるゴーヤの実を眺めながら、なかなか気持ちがいい。

梅雨が明けて、猛暑日や熱帯夜が混じるようになった。図書館や空港へ"避暑"に出た日もあった。体温に近い温度はさすがに体に堪えるし、連続何日という記録にはならないでほしい…。

-----
スポンサーサイト

心がほどける小さな旅(益田ミリ)

心がほどける小さな旅心がほどける小さな旅
(2012/04/06)
益田ミリ

商品詳細を見る

「あぁ、どこか遠くに行きたいなぁ」(p.3)と思うときには、たいてい休めなかったり予定があったりシガラミがあったり、遠くへ行くことがかなわないもの…そんなときに、もっともっと身近なところへ出かけた、「季節に合わせて心がほどけていくような、そんな小さな旅」(p.3)を集めたのがこの本。

益田ミリが一人で出かけている旅もあるが、この本の版元・飛鳥新社の編集者の猫山さん(仮名)と二人の道中も多い。泊まる旅も少しはあるが、日帰りでふらりと出かけた小さな旅が大半。

あとがきには、こう書いてある。
▼自腹で行きたいところに行って、やってみたいことをやった、という感じだったけど、そのひとつひとつで、のびのびしていた気がする。ポンと普段の生活から切り離されるのはいいものである。(p.164)

女のせりふ(伊藤雅子)

女のせりふ女のせりふ
(2014/05/14)
伊藤雅子

商品詳細を見る

著者が、福音館の月刊誌『母の友』(なかなか時代がかったタイトルだ)で1985年から1995年まで連載した小文「女のせりふ」をまとめたもの。なんだかとにかく「懐かしい」感じが強くした。言葉遣いにも、書かれている考え方にも。

その「懐かしさ」は、むかし、こんなことが書かれた本をいろいろ読んだなーとか、こういう話をしたことがあるなーとか、そういう記憶を、あらためて見直した感じ。いまも、それなりに共感はするけれど、これは母の世代の言葉やなーとも思う(奥付で、著者が死んだ母と同年生まれと知る)。

とくに「主婦」について語られている言葉には、「懐かしさ」ひとしお。こういう「主婦」モノは、今も出てるのだろうか?図書館に古い本があるだけだろうか?と思った。

かずかずの「女のせりふ」が書きとめられている中で、丸岡秀子の「生命は人と人との間にある」の言葉が、いいなと思った。物理学者の解説からヒントを得て、「生命とは、究極には固体に属するのではなくて、個と個の目に見えない中間に運動現象としてあるともいえる」(p.171※)と丸岡は考えたという。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ