FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

5月に読みおわった本

5月に、てっぺんから最後まで読んだ本(と、見た映画)のリスト。3月、4月はほぼ週1で映像を見たが、今月は2本。

月初にはひんやりした日もあったが、蒸したり暑い日が増えてきて、月末の今日はついに「真夏日」。10階は風がよく通って、まだそう暑さに困るほどではないが、外へ出るとクーラーのかかっているところが増えてきて、一日の気温の上下も大きくて、カラダに堪えるなーと思う。

誕生日にHappy birthday to meで本を3冊買った。その3冊も含めて、今月はよく読んだ。それと、久しぶりに本棚と、あちこちに積んである本を片づけて、段ボールで5箱を手放した。本棚を増やすことも考えたけれど、図書館で借りることもできるし、また買える本もあるし、おさまる範囲で目の届くところに本を置こうと思いなおした。「紙」が多いのはどうしようもないが、暑くなりすぎる前に、もうひとしきり片づけたい。

-----

中卒の組立工、NYの億万長者になる。(大根田勝美)

中卒の組立工、NYの億万長者になる。中卒の組立工、NYの億万長者になる。
(2013/01/25)
大根田勝美

商品詳細を見る

『本格小説』に出てくる東太郎の"モデル"という人の自伝。そのことは、ご本人が「あとがき」で、こう書いている。

▼「…『本格小説』は長い長い序章で始まるが、あそこに出てくる東太郎という主人公は、オリンパスの駐在員としてアメリカに渡ってから独立を果たすまでの私である。
 もちろん小説だから一種のフィクションではあるが、実話もたくさん出てくるし、水村さんはご自身のご家族に関しては実際のエピソードを盛り込まれているので、どこまでが本当でどこからが創作なのかを判断するのがよけいに難しい」(p.219)

あわせて、『本格小説』では東太郎が日本人女性と中国人男性との間に生まれてきたとされているが、「私は正真正銘の日本人であり、日本人であることに誇りを持っている」(p.219)とも。

水村美苗が「文庫版に寄せて」として巻末で、大根田さんの話を使う承諾を得ようと手紙を出すと「小説なんだから、好きに書いていいんじゃないですか」(p.235)とすぐに国際電話で返事があった、と書いている。

華氏451度(レイ・ブラッドベリ)

華氏451度華氏451度
(2008/11)
レイ・ブラッドベリ

商品詳細を見る

『華氏451度』が焚書にまつわる話であることはぼんやり知っていたが、読まないままだった。そこへこないだ、映画になった「華氏451」のDVDが紹介された記事がよかった、映画もよさそう!と友達がその新聞記事を切り抜いて送ってくれた。

映画もみてみたいし、原作もこの機会に読もうと思い、先にブラッドベリの原作を読んでみる。私が読んだのは2008年に新版になったハヤカワ文庫で、巻末に佐野眞一の「出版不況と『華氏451度』」という文章が入っている。

タイトルにもなっている華氏451度とは、日本でふつう使う摂氏になおすと233度、これは紙が自然発火する温度だという。

主人公のモンターグは焚書官、その仕事は禁じられた本を焼き払うこと。仕事帰りに出会った、隣へ越してきたという少女・クラリスに「あんたが燃やした本のうち、どれか読んだことがあって?」と尋ねられたモンターグは、「それはきみ、法律違反だよ」と答える。みんな焼いて灰にしてしまう、灰まで焼けというのが焚書官の職務規定だと説明する。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ