FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

3月に読みおわった本

3月に、てっぺんから最後まで読んだ本(と、見た映画)のリスト。「忙しい忙しい」と言わずに3月をすごせたのは、何年ぶりだろう。退職から一ヶ月、ようやく心身がゆるんできた気がする。退職後しばらくは、書類をだしたり手続きしたりで役所などをまわり、そのほかにも人と会ったりで外出が続き、ややせわしなかった。3月下旬になって、いろいろが落ち着いてきた。

一日の多くの時間を占めていた"仕事"がいったんリセットされて、そのぶん本をたくさん読めた。それも、手は編み物で動かしながら…といったゼイタクな読み方で。もう少し映画を見たいと思い、本の合間には借りたDVDをいくつか見た。それと上映会に一度。

2月からのみつづけていた鉄剤のおかげもあるのだろう、貧血はだいぶ改善されて、数値としては標準の範囲内に入った。ここでいったん鉄剤をやめて、食餌療法で様子をみることになった。

この一週間ほどでぐっと気温があがってきて、近所の桜はもう八分咲きというところ。まだインフルが流行っているというので気は抜けないものの、風邪をひかず、インフルにもやられずに冬を越せそうで安堵。

-----
スポンサーサイト



サラの鍵 [DVD] クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス 他(出演)、ジル・パケ=ブレネール(監督)

サラの鍵 [DVD]サラの鍵 [DVD]
(2012/06/22)
クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス 他(出演)、ジル・パケ=ブレネール(監督)

商品詳細を見る

『ヒューマンライツ』誌の3月号で中村一成さんが映画「サラの鍵」のことを書いていたのを読んで、原作小説は読んでいたので、映画も見てみたいなーと思っていたら、女性センターの図書室にDVDがあった!ので借りてきて見た。

ナチスではなく、フランス警察がユダヤ人狩りをおこなったベルディヴ事件。その際に収容所へ送られながら、脱走し、生きのびたサラと、事件から60週年の記事を書くために取材をすすめるジュリアと、二つの人生が交差する。

収容所から逃げようとするサラともう一人を見つけた監視が、サラから「ジャック」と呼びかけられ、「リンゴをありがとう」と言われたときの表情。サラは「私は、サラ・スタルジンスキ」と監視に手を差し出す。

収容所という場で、名も無き「他者」にされてしまったなかで、相手の名を呼び、自分が名乗るサラ。その行為は相手を名をもった人として接するもの。監視が、自分の手に傷を負ってまで鉄条網のすきまを広げ、サラたちを逃がしたのは、サラの呼びかけに動かされたのだと思えた。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ