FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

紙芝居ライブ2014 (2/16、大阪・天満)

『We』171号『We』171号でお話を聞いた古橋理絵さん(街頭紙芝居師)や、『We』166号でご縁のできた「紙芝居劇むすび」のおっちゃんたちが共演する、初笑いライブ! 理絵さん、むすび、本町靫さん、それぞれの紙芝居と、ひきたまさんの音楽のコラボを音太小屋でぜひ。
私も行きます~
-----
初笑い! 紙芝居ライブ 2014

紙芝居ライブ
2012年のライブのもよう(写真:江里口暁子)

日時2014年216日(日)14時開演(13時半 開場)
会場:音太小屋(ねたごや)
  (JR「天満」または地下鉄「天神橋筋六丁目」)
 大阪市北区菅栄町3-15 TEL06-6353-6985 ※地図
料金:1500円 当日受付、予約不要
 ※中学生以下の方、障害者・介助者の方はそれぞれ1000円

出演者
スポンサーサイト

ソーシャルデザイン―社会をつくるグッドアイデア集(グリーンズ編)

ソーシャルデザイン―社会をつくるグッドアイデア集 ソーシャルデザイン
―社会をつくるグッドアイデア集

(2012/01/10)
グリーンズ編

商品詳細を見る

このアイデアインクの別の本(『本の逆襲』)を2ヵ月ほど前に買って読み、ほかのも読んでみようと図書館で借りてみた。

編者の「グリーンズ」は、"暮らしと世界を変えるグッドアイデアを紹介しているウェブマガジン"だそうで、この本では「ソーシャルデザイン」をキーワードに、もっと素敵な未来をつくるためのヒントを共有したい、とある。

未来はもっと素敵だと思いますか?
自分の手で、未来をもっと素敵にできると思いますか?


この2つの問いが巻頭に置かれている。

ソーシャルデザインの定義もいろいろあるらしいが、グリーンズが考えるそれは「社会的な課題の解決と同時に、新たな価値を創出する画期的な仕組みをつくること」(p.12)だという。そして、こうも書く。

▼「ソーシャルデザイン」の最終目標は、行き詰まってしまった「古いあたりまえ」を塗り替えて、「新しいあたりまえ」として私たちの暮らしに定着させることにあります。それはプロフェッショナルなデザイナーだけに任せるのではなく、私たち自身が担うべき大切な仕事なのです。(p.15)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ