FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

誰もが難民になりうる時代に 福島とつながる京都発コミュニティラジオの問いかけ(宗田勝也)

誰もが難民になりうる時代に 福島とつながる京都発コミュニティラジオの問いかけ誰もが難民になりうる時代に
福島とつながる京都発コミュニティラジオの問いかけ

(2013/09/05)
宗田勝也

商品詳細を見る

秋に日塔マキさん(女子の暮らしの研究所)と会った際、しばらく本の話になり、お互い今読んでる本を見せあったときに、教えてもらった本。図書館にリクエストしていたら、ぶじ購入された。

サブタイトルにもあるように、京都市中京区にあるコミュニティFM局のラジオ番組〈難民ナウ!〉からの問いかけが綴られている。2004年から始まった〈難民ナウ!〉は、"難民問題を天気予報のように身近なものに"という願いを込めて、週1回、6分間の放送を続けている(本の後ろのほうで、インドでは"天気予報のように"というのはあてにならないものの喩えで、身近なものにという思いがうまく理解されなかったという、一つの気づきの話が出てくる)。

序章では、「難民」とは誰のことか、が書かれている。
▼難民概念の発生は、「国民国家」や「国民」というカテゴリーの発生に対応している。第一次大戦中、ヨーロッパ諸国は、自分たちの国の領土に生まれた市民と、そうではない帰化市民とのあいだに境界を引くという国民国家の主権を行使した。自らが生活する国の中で、民族的出自により敵国人と位置づけられることを恐れた人々が、自ら無国籍者となることを選んだ。…(p.15)

そうしたところから発生してきた「難民」は、国際的にも難民条約などで定義が与えられていくが、その一つの条件である「迫害」は、「国家が市民に保護を与えられない国々での天災の犠牲者、経済的、社会的迫害と戦争の影響を被った人々を除外していた」(p.19)。だが、その定義では困る人がいる、救われない人がいる。必要に迫られて、「難民」の定義は拡大してきた。
スポンサーサイト

帽子とマフリャー

オーダー帽子の試作品は、たいへんに気に入ってもらえた様子で、その帽子を見た発注者の娘さんにも別に帽子を編むことになった。

色の好みなどを聞き「とにかくあったかいのがいい!」という希望をいれて入手してきた、やや太めの糸で帽子を編んだあと、残り糸でマフリャーを編むとしたらこんな感じと途中まで編んだ写真を送ると、長めのがいいという要望がきたので、さらにひと綛を買い足して、サービスでマフリャーも編む。

12月13日の帽子とマフリャー

完成品を送ったところ、えらく気に入ってもらえたようで、娘さんは「サイコー!」を連発してるとの由。
Genre : 日記 日記
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ