FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

わが盲想(モハメド・オマル・アブディン)

わが盲想わが盲想
(2013/05/16)
モハメド・オマル・アブディン

商品詳細を見る

図書館で数人の予約待ちをしていたのが届く。私のうしろにも数人の予約待ち。
もとは、ポプラビーチで連載されていたものらしい。ポプラビーチ発の本は、なかなかおもしろい。有名なのは大野更紗さんの『困ってるひと』とか。

この『わが盲想』の著者、モハメド・オマル・アブディンさんは、スーダン生まれ。本の時点で35歳のおっさん。19歳で来日し、福井の盲学校で学び、その後いろいろあって東京外語大へ。いまもそこで研究を続けてはるらしい。

この本は、音声読み上げソフトを使って、アブディンさん自身が書いたもの。漢字変換がちょっとへんだったところは、編集者が指摘して直したりもしたというが、母語が日本語でない人が、しかも漢字圏の出身ではない人が、そして見えない人が、的確に漢字を綴っていることに、すげーと思う。

『We』で、みんぱくの広瀬浩二郎さんにインタビューをもうしこんだとき、初めていただいたメールで、私の姓名がきちんと漢字変換されていて、ほんとうに驚いた。見える人からのメールでも違う漢字で変換されることがしょっちゅうあるので、読み上げソフトでどのように漢字を選ぶのか、そしてたとえば「冠」という字はどう説明されるのかと思った。

弱視だったのが12歳で視力を失うなど、アブディンさんは、ちょっと広瀬さんに似ている。おやじギャグをかましまくるらしいところも似ている。この本の章タイトルも、最初がトライ(try)と渡来をかけてあったり、とちゅうでは「酒って避けては通れない道」とか、ダジャレにまみれている。スーダンの広瀬浩二郎か?という感じである。本のタイトルも、『わが闘争』ならぬ"盲想"だ。
スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ