FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

本屋の眼(平野義昌)

本屋の眼本屋の眼
(2006/12)
平野義昌

商品詳細を見る

ときどきのぞく碧野圭さんのブログで、海文堂閉店を知る(http://aonokei.cocolog-nifty.com/syoten/2013/10/post-b1dd.html)。前々からいちど行ってみたいと思いながら、海文堂へは行けずにおわってしまった。碧野さんのブログにも出てくる平野さんの本、図書館にはないかなと思ったが、あったので借りてくる。7年前、2006年の暮れに出た本だ。

巻末の解説を書いているのは畠中理恵子さん、書肆アクセスの店長だった人だ。このアクセスも、何年か前に閉店した

その畠中さんが書いている。
▼…百年近く、港町の一角に在り、街の日々をともに歩んできた歴史ある書店。このお店を往き来されたお客さんや書店員のことを考え、しばし呆然としました。きっと、想像もできないくらいたくさんの本との出会いが生まれ、それぞれにとってのかけがえのない「私だけの」海文堂書店がある、そんな時の積み重ねを感じたのです。
 街の書店は、住む人が初めて本に出会う場所です。
 くり返す日々、その延長に平野さんのいる海文堂書店がある元町。
 これはそうとういい。本書を読み思いました。(p.94)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在93号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第72回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ