FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

本屋の眼(平野義昌)

本屋の眼本屋の眼
(2006/12)
平野義昌

商品詳細を見る

ときどきのぞく碧野圭さんのブログで、海文堂閉店を知る(http://aonokei.cocolog-nifty.com/syoten/2013/10/post-b1dd.html)。前々からいちど行ってみたいと思いながら、海文堂へは行けずにおわってしまった。碧野さんのブログにも出てくる平野さんの本、図書館にはないかなと思ったが、あったので借りてくる。7年前、2006年の暮れに出た本だ。

巻末の解説を書いているのは畠中理恵子さん、書肆アクセスの店長だった人だ。このアクセスも、何年か前に閉店した

その畠中さんが書いている。
▼…百年近く、港町の一角に在り、街の日々をともに歩んできた歴史ある書店。このお店を往き来されたお客さんや書店員のことを考え、しばし呆然としました。きっと、想像もできないくらいたくさんの本との出会いが生まれ、それぞれにとってのかけがえのない「私だけの」海文堂書店がある、そんな時の積み重ねを感じたのです。
 街の書店は、住む人が初めて本に出会う場所です。
 くり返す日々、その延長に平野さんのいる海文堂書店がある元町。
 これはそうとういい。本書を読み思いました。(p.94)

マフラー(生活くらぶ)

まいつき第一水曜の午後、スペース草での「生活くらぶ」

やや疲れぎみで、行こうかな、どうしようかなと思っていたが、前日にスペース草からメールがきて「首にちょこっとまくマフラーを作ります」と、好きな色の毛糸を持ってくるように書いてあって、毛糸!というだけで気分がもりあがる。久しぶりにうちにある毛糸をあさった。がさがさと何色かの余り毛糸やもらいものの玉をもって、いざスペース草へ。

マフラー(生活くらぶ)

長さ1メートルくらいの段ボールの両端に布テープを貼って、そこに5ミリ間隔で切り込みを入れたところに縦糸を張り、竹のものさしや編み針などをつかって、交互交互に横糸を通していく。シャトルには割り箸に糸をまいたのをつかう。こういう手近なものを織りの道具にするところがいい。アドバイスしてくれる猿澤恵子さんは、いま織ってるのがすんだら、なんべんも使えるわよーと言う。
Genre : 日記 日記

摘便とお花見 看護の語りの現象学(村上靖彦)

摘便とお花見 看護の語りの現象学摘便とお花見 看護の語りの現象学
(2013/07/29)
村上靖彦

商品詳細を見る

カバーや扉の作品は、神山明さんという人のもの、そして神山さんと浜田真理さんとの共作のもの。これもよかった。ちょっと美術系の本にも見える。

一気には読めなくて、少しずつ少しずつ読んだ。

4人の看護師さんの語りと、その分析。といっても、切った貼ったで語りがバラされて、看護師ってこうでしょとか看護ってこうでしょというような話になってるわけではない。語りをずっと読んできて、巻末に、現象学という方法のことが書いてある。現象学、とタイトルについたような本はむかしいくつか読んだことがあるけど、その頃はただベンキョウしてる感じだった。この本で、4人の看護師さんの語りをじーっと読み、その分析を読み、そのあとで方法論として示されたものを読んで、へぇえ現象学ってそんなんか!と初めて腑に落ちた気がした。

「現象学は誰にでも真似できる」(p.342)という一つめの原則と、「哲学において方法は、研究を実際にやってみてから後で決まる」(p.342)という二つめの原則を、著者は書いている。この、とくに二つめが強く印象に残る。著者が「方法を冒頭に提示する自然科学の論文のフォーマットには、本来合わない。方法は対象の性格に依存するので、やってみたあとで、あとから確定される」(p.342)と書いているように、見る前に飛んでみる、やってみて振り返って分かる、そんなものだというのだ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ