FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

9月によみおわった本

9月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。いったん涼しくなってから、また暑くなり、台風がやってきてちょっと涼しくなってから、また暑くなり、9月の初めには、猛暑日でなければ平気~と思っていたが、いちど涼しくなってからぶりかえす暑さはなかなか体に堪えて(9月半ばまでやたら忙しかったこともあり)、9月のおわりには夏日でもちょっとしんどくなってきた。

それにしても暑さ寒さも彼岸までと違うんかい!とツッコミたくなるくらい、9月末日も最高気温は30度寸前…蚊も猛暑よりこれくらいのほうが楽なのか、9月下旬にやたら蚊にくわれた。

9月は、ふりかえると小説、物語を多めに読んだなと思う。再読もいくつか。このほかに読みかけが数冊。

-----

絶叫委員会(穂村弘)

絶叫委員会絶叫委員会
(2010/05)
穂村弘

商品詳細を見る

『夜露死苦現代詩』とか『言いまつがい』とか、あるいは路上観察学会風の本。最近、文庫になったらしく、装丁は見た目似てるが、絶妙に違う。

単行本では、表紙をナナメに横切って、こう書いてある。

 町には、偶然生まれては消えてゆく無数の詩が溢れている。
 不合理でナンセンスで真剣で可笑しい、天使的な言葉たちについての考察。


読んでいて可笑しい。外で読んだら、ちょっとやばい。そして、穂村弘が耳をそばだて、目をこらして採集してきたように、私も、周りの会話や表現に、もう少し念入りに注意を払い、みつけたものを、こんなんがあるねんでーと誰かに披露したくなってくる。

救いとは何か(森岡正博、山折哲雄)

救いとは何か救いとは何か
(2012/03/13)
森岡正博、山折哲雄

商品詳細を見る

森岡正博の本は、おおむかし(まだ学生だったころ)に、『「ささえあい」の人間学 私たちすべてが「老人」+「障害者」+「末期患者」となる時代の社会原理の探究』とか、『電脳福祉論』という本を買って読んだことはぼんやりおぼえているが(『「ささえあい」…』は高い本だった)、その後はあまり読まずにいた。山折哲雄も、むかし何か読んだことがある気がするが(誰かとの対談集かなにかだったような)、くっきりとした記憶がない。

去年の春に、「尊厳死って何やねん!?」の講演を聞いた後、ご飯を食べにいったところで、同席したKさんとSさんのカバンから「今読んでる本」と同じ本が出てきた。それがこの『救いとは何か』だった。そのことを、メーリングリストで思い出して、図書館で借りてきた。

現代社会においていかにして「救い」は可能か、そして、我々はみずからの「生と死」をどのように考えていけばいいか、というテーマで森岡正博と山折哲雄の二人が語りあっている。東日本大震災後におこなわれたという5章の対談が、いろいろと印象に残った。

大本営発表のマイク 私の十五年戦争(近藤富枝)

大本営発表のマイク 私の十五年戦争大本営発表のマイク 私の十五年戦争
(2013/08/09)
近藤富枝

商品詳細を見る

図書館でめずらしく予約本が一冊もきてなかったときに、新着棚で見かけて借りた本。「大本営発表のマイク」に「近藤富枝」とくると、昨夏に読んだ梯久美子の『昭和二十年夏、女たちの戦争』を思い出す。青春時代にあの戦争を経験した女性たち5人の話を聞いたもので、その冒頭が近藤富枝だった。

NHKアナウンサーだった近藤の話は、そこに引かれていた石内都の『ひろしま』の話とともに、印象深かった(『昭和二十年夏、女たちの戦争』のことは、昨年のWe180号の「乱読大魔王日記」で書いた)。

この『大本営発表のマイク 私の十五年戦争』は、卒寿をすぎた近藤が、編集部のすすめにより書きおろしたものだという。タイトルがこんななので、NHKアナウンサー時代のことが中心かと思ったら、この本は、近藤の小学校時代、女学校時代、そして東京女子大に通っていた時代に演劇に傾倒していたことなど、前半はNHK以前の近藤の来し方がたっぷり書かれていた。読んでいて、歳は違うが、沢村貞子の話を思いだすところがあった。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ