FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

幸せになっちゃ、おしまい(平 安寿子)

幸せになっちゃ、おしまい幸せになっちゃ、おしまい
(2012/02/09)
平 安寿子

商品詳細を見る

これの単行本は、以前に読んでいるのだが、図書館の所蔵検索でタイラアスコ本を見てたら、書誌情報のところに「2009年刊を大幅に加筆修正」とあったので、大幅に加筆修正か!と思って、借りてきた。

2011年3月11日、「あの日がなかったかのように、それ以前と同じ内容のものを世間にお出しできない」(p.11)と、タイラアスコは思った。

▼不意に襲ってくる大災害は、ある意味、シンプルに生きる力を取り戻す機会になる。
 被災者たちが願っているのは、幸せになることではない。穏やかな日常を取り戻すことだ。そのために、被災者はなんとかしようと日々、がむしゃらに生きるだろう。被災しなかったわたしたちが震災を忘れてしまっても。
 でも、被災せず、穏やかな日常を送っているほうだって、無事ではいられない。何事もない日々ほど、誰にもわかってもらえず、誰とも共有できず、従って誰にも同情してもらえない個人的不幸と一人で戦わなければならないからね。(p.13)

本文を読んでいると、かすかに記憶にある文章にまじって、タイラアスコが3・11を経て思いめぐらせたことが書いてある。サバイバルにはフィクションを、絵空事バンザイ!とか。

読書の腕前(岡崎武志)

読書の腕前読書の腕前
(2007/03)
岡崎武志

商品詳細を見る

この人の古本がらみの本はいくつか読んでるし、『ビッグイシュー』の連載「ひぐらし本暮らし」も読んでいるが、こんな新書が出てるのは全く知らずにいた。この本も、この人の新しい新書『蔵書の苦しみ』というのが出ている、とどこかで見かけて、図書館の所蔵検索をしてみると、新しい本はまだなかったが、いっこ古いのが引っかかって借りてきたのだ。300頁近くあって、なかなか厚い新書だ。

この本は、「これからもずっと楽しみとして本を読んでゆきたい、できるだけ読書の時間を多くとりたい。いろんな作家のいろんな本に触れてみたいと考えているような人に、少しは役に立つように書いたつもりだ」(p.6)と、「はじめに」のところに書いてある。

人がすることすべて上達というものがある、何度も繰り返して腕前が上がる、読書だって同じだ、と岡崎はいう。
▼読めば読むほどいろんなことがわかってくるし、前にはわからなかったことが突然見えてきたりする。若いときに読んで気づかなかったことに、年とって再読したとき、ああそういうことかと気づいたり。
 そんなとき、あなたは少しだけ「読書の腕前」が上がっているのだ。(pp.7-8)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在93号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第76回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ