FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

8月によみおわった本

8月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。暑かったこと、仕事もかなり忙しかったこと、「ブックマーク」の編集して、印刷して、発送してというのがあったこと…で、読む時間がやや削られた。何冊かは再読、何冊かはしまいまでいってまたてっぺんに戻っての2周読み。

たまにみるアクセス解析によると、どうも私が以前読んだ本が、夏休みの課題図書だか何だかに引っかかっているらしく、とある本の検索ヒット数がいちばん多かった。コピペの読書感想文は、ばれますよー。

-----

心配しないで、モンスター(平 安寿子)

心配しないで、モンスター心配しないで、モンスター
(2013/02/27)
平 安寿子

商品詳細を見る

「ブックマーク」も一段落して、いろいろと図書館で蔵書検索をする。平安寿子の新しいのはあるかな…とみると、今年出た本が空いていた。ので、借りてきて読む。

どうも全体に「歌ネタ」の短編らしく、表題の「モンスター」は、ピンク・レディーから(収録されてる作品のタイトルは「UFOに乗ってモンスターが行くぞ」)。そのほか、演歌にアニメソング、ビートルズやビーチボーイズ、フォスター、サンタナ等。

いつものように、毒を含みつつ、文章は軽快で小気味よく、おもしろい。
なんせ、冒頭から、こうだ。

▼女たちよ、覚悟せよ。ばあさんライフは、しんどいぞ。
 若い女の生きる道は、ばあさんライフよりきついのだ。
 というのは、ばあさんのひがみが言わせる嫌みだがね。
     (p.9、「丘の上の馬鹿になりたい」)

といっても、ばあさんばかりが主人公ではなくて、17歳の女子高生もいれば、定年後のおっさんもいれば、30代の女、20代OL、20代の宅配便ドライバー、などなど。それぞれの短編に、隣の短編の登場人物がちらと出てきたりもする。

彌太郎さんの話(山田太一)

彌太郎さんの話彌太郎さんの話
(2004/12)
山田太一

商品詳細を見る

これは、タイトルも初めて見る小説。「途方もない話だし、証拠もない。つくり話として読んでいただく方が書きやすい。」(p.7)と物語は始まる。

ある日の郵便物の中に、画廊の個展案内があった。個展の画家とは違う名で、「十一月×日の六時に小生も参ります 彌太郎」と添え書きがある。彌太郎、といって思い当たるのは一人。もう30年あまり会ってない知人のことだろうか。

両親が営んでいた浅草の大衆食堂に彌太郎さんがよく来ていたのは、昭和11、2年から17年までのこと。私は子どもで、彌太郎さんは10代後半から21くらいまでの間。彌太郎さんは、食べに来るとよく立ち話をしていた。

赤紙がきて、出征した彌太郎さんに再会したのは敗戦後、私は中2になっていた。アメリカ軍の仕事をしているという彌太郎さんに誘われて一緒に東京へ出た。彌太郎さんの仕事場にも立ち寄った。彌太郎さんはマッカーサー司令部でマッサージの仕事をしていた。そして、駅までの地図を書いてもらい、小遣いをもらって別れた。

彌太郎さんとはそれきりだった。彌太郎さんがある日突然いなくなったと、探しに来た人があった。住所録にあったところを端から訪ね歩いて、最後にうちに来たのだという。

それからほぼ30年、彌太郎さんから音沙汰はなかった。それが、急に「彌太郎」と添え書きのあるハガキだ。私は、六時にその画廊へ向かっていた。

異人たちとの夏(山田太一)

異人たちとの夏異人たちとの夏
(1991/11/28)
山田太一

商品詳細を見る

お盆に同居人の里へ行った帰り、あまり選択肢のないキオスクの本棚から、山田太一の『冬の蜃気楼』を買って読む。傑作長編3作が、3ヶ月連続で再刊されたものだという。数日後に同じく再刊された『終りに見た街』を買って読み、久しぶりに山田太一が読みたくなって、図書館で2冊借りてきた。『異人たちとの夏』は、ずいぶん前に読んだ気がしていたが、話を読んでも、こんなだったかとあまり思い出せなかった。

子どもの頃に死別した両親にそっくりな夫婦に出逢った主人公。12歳で死に別れて、顔のすみずみまでおぼえているわけではないけれど、自分の中にある両親のイメージにそっくりで、まるで父と母なのだ。だからといって、そんなはずはない。

「うち来るか?」と、父に似た男に誘われ、主人公はアパートの2階の一番奥の部屋へ招じ入れられる。嘘だと思ったが、そこには母がいた。声も母だった。涙がこみあげる。

だが、30代に見える夫婦が、48になる自分の親であるはずがない。「ほんとうは、ぼくの両親なんでしょう?」と何度聞きたかったことか。けれど、二人といると、自分が少年のような気持ちになった。少年がウイスキイを飲んでいてはいけないが、酔ったはずみで「お父さん」と呼ぶと、「なんだ?」と男は答えるのだった。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ