FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

本の読み方(草森紳一)

本の読み方本の読み方
(2009/08/08)
草森紳一

商品詳細を見る

どこかでこの本の表紙写真を見かけて、この本にふけるアタマの角度に、なにかを刺激されて、借りてきてみる。表紙カバーの写真にはじまり、各章の扉には、本を読みふける人物や、本にまつわる写真が掲載されている(写真も著者の草森紳一自身が撮ったものらしい)。

タイトルどおり、本そのものがどうというよりも、"本の読み方"、つまりは読む場所や、読む格好、読む時間などについて、著名人を引き合いに出したりしながら、書いてある。

たとえば、

▼読書といえば、頭のみを使うと思っている人が多い。それは、誤解で、手を使うのである。本をもつのにも、手が必要である。頁をめくるにも、手の指がなければ、かなわない。読書とは手の運動なのである。(p.10)

▼本には、「めくり読み」の喜びがある。「めくるだけ」。私は、いくら多読だといっても、読んでいない蔵書のほうが、はるかに多い。ただ「めくるだけ」の喜びだけは、一冊残らず、どの本からも味わっている。(p.52)

▼読書は、「三餘を以てすべし」の発想は、農耕文化のものだということである。冬、夜、雨の「三餘」は、農業にとって、お手あげの時である。「読書の秋」は、虚業中心の「都市文化」、それにつらなる「レジャー文化」」の産物なのである。…「三餘」の成句が、生き残りきれず、死語になるだけの理由は、十分すぎるほどにある。(pp.86-87)

というような具合だ。

はれのち、ブーケ(瀧羽麻子)

はれのち、ブーケはれのち、ブーケ
(2010/11/19)
瀧羽麻子

商品詳細を見る

『白雪堂化粧品マーケティング部峰村幸子の仕事と恋』がおもしろかったので、同じ著者のちがう本を借りてきてみた。これは、大学同期6人の話。

大学で、同じ「地域文化論」のゼミだった理香子と裕人の結婚式の日を中心に、6つの章は、同期それぞれの目からみたエピソードでまとめられている。大学で学んだ地であり、今日結婚式がある神戸のスポットが章のタイトルにも入っている。ゼミの教授の口癖は「土地がひとを作る」だったというが、そのことも6人のエピソードには垣間見える。

登場人物はすっかり関西弁で、白雪堂の話とは、また全然雰囲気がちがう。著者はどこの出身かと奥付をみると、兵庫県生まれで京都の大学を出たとある。なるほどなあと思う。御影の駅からバスに乗るという大学には、地元出身の学生も多いが、進学を機に神戸でひとり暮らしを始めたという学生もいる。そんな学生時代の話も書きこまれている。

大学を出てから、それぞれが30を過ぎて、ゼミの同期には、転職したのも、子供がいるのもいる。それぞれが、自分の道に、ときに迷いつつも、ふみだしている。

ルポ 子どもの無縁社会(石川結貴)

ルポ 子どもの無縁社会ルポ 子どもの無縁社会
(2011/12/09)
石川結貴

商品詳細を見る

『We』で、青山さくらさんが連載している「ジソウのお仕事」と重なる内容。

映画「誰も知らない」が実在の事件をモチーフに脚色されたものであること、そのことを知らない人も多いだろうと本は始まる。実在の事件であることは、私も知らなかった。

日本で年間1000人以上の「居所不明児童生徒」と呼ばれる子どもが存在するという。文科省の学校基本調査にも掲載されている数値で、その数値計上の取り扱いについて、文科省からこんな通知も出ている(学校基本調査「不就学学齢児童生徒調査」における「1年以上居所不明者数」の取扱について(通知))。

居所不明とは、住民票を残したまま1年以上所在がわからず、その後の就学も確認されていない子どもで、所在がわかっている不登校などは含まれない。この子どもたちがどこにいるのか、食べて、寝て、着せてもらっているかということさえ、ほとんどわからないらしい。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ