FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

境界を生きる 性と生のはざまで(毎日新聞「境界を生きる」取材班)

境界を生きる 性と生のはざまで境界を生きる 性と生のはざまで
(2013/02/26)
毎日新聞「境界を生きる」取材班

商品詳細を見る

毎日新聞で連載された「境界を生きる」が、加筆・修正されて本になったもの。とくに、性分化疾患(インターセックス)と、性同一性障害(トランスジェンダー)について、当事者や家族の経験、病院や学校、地域での対応、偏見の厚さと、それを破った事例などを取材している。表紙カバーのモデルは、小林空雅[たかまさ]さん。

空雅さんは、定時制高校の弁論大会で、「眠っている間さえも、本当の性別と異なる性の体と生活している違和感から逃れることができません」(p.136)と性同一性障害であることを公表し、その苦しみを訴えた。「…自分がコンプレックスだと思うことは、他の人からすれば気に留めることはないのかもしれません。自分(の体)が嫌なことに変わりはありませんが、それがあなたの個性だと言われると、少し気持ちが軽くなります」(pp.140-141)とも。

▼この世界は「男」と「女」だけでつくられていると考えている人は多いだろう。…
 普段の生活でも、トイレや制服、レンタルビデオ店の登録も、男女いずれかを選ばされることが当たり前だ。私たちはそんな社会で暮らしている。(p.10)

"性別"という大きな制度が、「生きたいように生きる」こと、「安心して生きること」を難しくさせている。何かに名前を書いたり、申し込んだりするときに、「男・女」という欄があると、(これは、何のために必要なのだろう)と考える。

全く悪気はないのだろうが、子どもが生まれた話には、ほぼもれなく「どっち?」という問いがつくし、恋バナの場面では、女性には「彼氏」、男性には「彼女」が相手だという前提を疑うことなく、話はすすんでいく。全く悪気のない人に、"性別"を当然視することの重さを伝えるのは難しいとよく思う。
スポンサーサイト

ルポ 差別と貧困の外国人労働者(安田浩一)

ルポ 差別と貧困の外国人労働者ルポ 差別と貧困の外国人労働者
(2010/06/17)
安田浩一

商品詳細を見る

『ネットと愛国』の人の、別の本を読んでみる。奴隷労働ともいわれる「外国人研修・技能実習制度」(政府は、これが国際協力であり国際貢献だと言い続けている)によって日本で働く中国人の状況を第一部で、移民としてブラジルへ渡った日本人の子孫が、日系デカセギ労働者として働く状況を第二部で、それぞれ追ったルポ。

「単純労働者は受け入れない」というタテマエを崩ささない日本政府は、日本において単純労働に携わる研修生・技能実習生や日系人を、あくまで「例外」として位置づけてきている。けれど、その「例外」と位置づけられる人たちの働きによって、食べるもの、着るもの、自動車、家電など、日本の産品の多くは成り立っている。

研修生・技能実習生の制度がひどいものだということは耳にしていたけれども、第一部で明らかにされていく、この制度によって「働く」人たちの実態を読むと、たまらなくなる。消費者として手にするものの「安さ」や「国産という安心感」みたいなもの、それは下へ下へとしわ寄せされた要求を、最後のところでこうして「働く」人たちに無理やりのんでもらうことで成り立っているのだと、ぐさぐさと突き刺さる。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ