FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

よろこびの歌(宮下奈都)

よろこびの歌よろこびの歌
(2012/10/05)
宮下奈都

商品詳細を見る

この人の本は、太陽と豆がなんとか…いうタイトルの小説を読んだことがある。いい本だったなという印象が残っていて、こないだ文庫の棚を見てたら、これがあったので、借りてみた。

舞台は、新設の私立女子校。高校演劇をテーマにした『幕が上がる』の「歌」バージョンというか、「歌」をテーマにした高校生群像のものがたり。

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シの7つの章のタイトルは、ザ・ハイロウズの歌のタイトルからつけられている。それぞれの章は、同じ高2の6人のものがたりで、話のキモになる御木元玲には最初と最後の章があてられ、他の5人の同級生の話があいだの章で書かれている。

お互いが、どういう位置にいるか、どういう関係にあるか、ということが、この7つの章を読むなかで、だんだんわかってくる。同じクラスメイトに対してもつ感情は、それぞれに異なり、憧れもあれば、敬遠もあり、さして関心がないという距離もある。

年間行事のなかでは、ほとんど"やっつけ仕事"のような合唱コンクールが、クラスで「歌」に取り組んだ最初。指揮者として推薦されて、御木元玲は自分なりにクラスの練習をすすめようとするが、どこかちぐはぐなことになる。「音楽は楽しい」はずが、こんな練習楽しくないよとクラスメイトから率直に言われもする。

合唱コンクールはぼろぼろだった。うまく歌えず、クラスはまとまらず、玲は音楽に対するわずかな自信も失いかけた。

障害者介助の現場から考える生活と労働-ささやかな「介助者学」のこころみ(杉田俊介、瀬山紀子、渡邉琢[編著])

障害者介助の現場から考える生活と労働-ささやかな「介助者学」のこころみ障害者介助の現場から考える生活と労働
ささやかな「介助者学」のこころみ

(2013/01/31)
杉田俊介、瀬山紀子、渡邉琢[編著]

商品詳細を見る

「介助者として働く・生きるとはどういうことなのか」を考え書いたものや、座談会、インタビューなどが集められた本。企画段階から本が出るまでにはかなりかかったそうで、結局のところ原稿を「書けた」人たちは、"自立生活運動に近い場所にいる介助者、男性、(相対的な)高学歴者"に偏った、ということが巻末には書いてある。

「介助」という言葉と「介護」という言葉には、何か使い分けがあるらしいということは知っていたが、(そういうことなのか)と、やっとこの本で分かったかんじ。「介助」とか「介助者」という言葉は、「主として障害者の自立生活運動の中で、おそらく80年代後半以降より意識的に用いられてきた用語」(p.5)で、旧来の庇護・養護型の「ケア」、「介護」に代わる言葉として用いられてきた、という。

とはいうもの、私や同居人が関わってきた「自立した障害者」のところでは、ずっと今まで「介護」という言葉が使われてきたし、今でも同居人が週に1、2度行くのは「夜介護」やし、正直なところ、こう書かれる「介助」と「介護」の言葉の違いは、私にはぴんとこないところがある(この本の中でも「介護」と使っている人もいる)。

「知的障害のある人の自立生活」「介助とジェンダー」「暴力サバイバーと介助」「野宿と介助」「ボランティア介護者と介助労働者」「介助と能力主義」等々の、いろんな切り口で、いろんなことが書かれているなかで、私にとって、ずどーんとインパクトがあったのは、2章で書かれている新田勲さんの「足文字」の話だった。

ひきこもりカレンダー(勝山実)

ひきこもりカレンダーひきこもりカレンダー
(2001/01)
勝山実

商品詳細を見る

『安心ひきこもりライフ』がおもしろかったので、さかのぼって『ひきこもりカレンダー』を借りてみた。『…ライフ』は、もう、ひきこもり仙人のような達観を感じたが、10年前のこの『…カレンダー』は、まだ、かなりナマナマしい。

勝山さんの親、とくに母親がかなり凄い人だったらしいことは『…ライフ』でも書かれていたが、こっちの本では、親が悪い、全部親が悪い、親が憎い、親に土下座させたいと、すさまじくののしってある。

たとえば冒頭。
▼まず、ボクの親が激烈でした。
 人並みの子供でいてほしい、他人に褒められるようないい子に育ってほしいと望むあまり、元来利口でないボクは母親の怒りに触れ、よく殴られたものです。子供を折檻して死なせてしまう親がいますが、あれはボクの親のことです。ニュースにならなかったのは、ボクが頑丈だったのと、従順に母親の要求に応えようと、生きるための必死の努力をした結果です。(pp.5-6)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ