FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

おとな小学生(益田ミリ)

おとな小学生おとな小学生
(2013/02/06)
益田ミリ

商品詳細を見る

しごとが「やすみ」の日の朝、やはり本屋をうろうろとして、ちらっとこの本見たら、むしょうに読みたくなり、出たばっかりで図書館にもまだあらへんやろうしな…と購入(図書カードの残高はあともうすこし)。益田ミリが「思い出の絵本20冊をご紹介しつつ、子ども時代のことをエッセイとマンガにしました」という本。

同じ大阪出身で同い年という、そこはかとない親近感のある益田ミリは、妹がいて(つまりは姉ちゃんで)、団地に住んでいたというあたりにも共通点があることがわかった。

読んだことのある本も、そうでない本もあるけど、この本を開いて思い出すこんなこと、、、、が書いてあるマンガとエッセイを読むと、時と場面は違うにしても、(あー、なんかそういう気持ちわかる)とか、(そういうことって、あったなー)とか思うところが、あちこちにあった。知ってる本は、私はこんなん思ったなーと、今の自分の「思い出」を探ってみたり。私も、自分が保育園~小学校の低学年くらいの頃に読んだ本を、思い出してみたくなった。
スポンサーサイト

桐島、部活やめるってよ(朝井リョウ)

桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
(2012/04/20)
朝井リョウ

商品詳細を見る

しごとが「やすみ」の日の朝、本屋をうろうろとする(もらいものの図書カードがまだあるのだ)。『チア男子!!』の人が直木賞とったあとで、これまで出た本が並んでるなかで、文庫を購入。この本が最初に出たころ、「なんやおぼえられへんようなタイトルがついてるなー」と思っていた。"ナントカやめるってよ"みたいなやつ、とか言っていた。

読んでみたら、これは高校生群像の小説だった。同じ高校にいる何人かの視点で、その高校生活が描きだされる。そういうところは、『ラヴァーズ・キス』のようでもあり、『夜の光』のようでもあり、高校生群像という点では『幕が上がる』のようでもあった。

タイトルに出てくる「桐島」はバレー部のキャプテンだが、5人の名がついた章のタイトルに桐島の名はなくて、5人の話のなかで出てきたりする。いちばん桐島のことが出てくるのは、同じバレー部で、桐島と同じリベロのポジションで、補欠だった小泉風助の章。

「二十四の瞳」をつくった壺井栄―壺井栄 人と作品(西沢正太郎)

「二十四の瞳」をつくった壺井栄―壺井栄 人と作品「二十四の瞳」をつくった壺井栄
―壺井栄 人と作品

(1998/06)
西沢正太郎

商品詳細を見る

『二十四の瞳』を読んでみたら、それまで教科書の文学史でやったくらいの知識しかなかった壺井栄が、思いのほかおもしろくて、他の作品とともに、この評伝も借りてみた。

名前と主な作品名くらいは知っていたもののやはり読んだことのなかった吉屋信子を初めて読んだときみたいな、あるいは、平林たい子の評伝を読んだときのような感じだった。

血のつながらない子を育てた『雑居家族』は栄の経験に重なっていて、それは、栄の生家でも「その家に生まれた者でない孤児を引き取って育て」(p.6)ていたのだという。子どもだけでも10人、家業の職人や孤児などあわせて20人近い人がひとつ家に暮らす大家族に栄はうまれ、祖母に育てられた。

風土の伝承、口から口への昔語りや子守歌など、「祖母の膝下で育てられたことが、その後の栄の生き方に、大きく影響を及ぼしている」(p.7)というのを読むと、祖父に抱かれて寝、昔話を聞いたという宮本常一のことを思い出したりする。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ