FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

9条どうでしょう(内田樹、小田嶋隆、平川克美、町山智浩)

9条どうでしょう9条どうでしょう
(2012/10/10)
内田樹、小田嶋隆、平川克美、町山智浩

商品詳細を見る

この本は、単行本で出たときにも読んでいる。2006年、安倍晋三が前に首相だった頃だ。安倍内閣では、愛国がどうのこうのというイキオイで教育基本法が改正され、憲法改正の段取りだとばかりに国民投票法が制定された。"国民投票法を知っていますか"みたいなパンフレットが近所の公民館のチラシ棚にまで並んで、憲法改正へいってしまうのかと案じたこともあった。が、お腹痛いと安倍が退陣して、それから政権交代もあって、民主党という寄り合い所帯にも改憲派はいるものの、おもてだった改憲の動きは沙汰やみになったと思っていた。

しかし、お腹が痛かった安倍が、ええクスリができたと復活して、またまた首相になってしまった。2006年よりも改憲をいう政党が増えた感じで、この先どうなるのかと思ういま、文庫になったこの本をまた読んでみる。

この本に書いている4人は、これまで半世紀近く繰り返されてきた護憲派/改憲派の言葉を越えて、これまで誰も言ったことがないようなことを書こうとしている。そのことを、内田樹は「臆断の檻」から解き放つ言葉、と書いている。

▼獄舎の扉が外からしか開かないように、私たちを「臆断の檻」から解き放つ言葉は、檻の外からしか到来しない。…(略)…
 必要なのは「鉄格子の隙間を抜けることができるもの」である。
 たくみな「言葉使い」は、彼の本体を閉じこめている檻の鉄格子の外に言葉だけを逃すことができる。そして、外に出た言葉だけが扉を外から開けることができるのである。(p.22、下線は本文では傍点)

すゞしろ日記(山口晃)

すゞしろ日記すゞしろ日記
(2009/08/01)
山口晃

商品詳細を見る

年末から、本屋にあった山口晃の『ヘンな日本美術史』が気になっていた。そのまえに、京都の山口晃展を見てきたせいもある。買おうかな~ぴらっ、どうしようかな~ちらっ、と本屋で何度かさわりつつ、結局、図書館に入ってるのをみつけて予約待ち。

蔵書検索で「山口晃」と引いて出てきた本を、なんかどっかで見たような…と思いつつ予約して、カウンターで受け取ると、やはりどこかで見覚えがある。これって、ウチにあったんちゃうかと思いながら、帰ってきて本棚を探ると、やはりあった。『さて、大山崎』。これも、大山崎の山荘美術館へ見にいったのだった。

同じ本2冊をぱらぱらとめくり、「すゞしろ日記」の大山崎版(OH!ヤマザキ版)が収録されてるのをみて、たしか「すゞしろ日記」が本になってたよなーと、図書館でそっちを借りてきたのが『すゞしろ日記』

坂道(壺井栄)

壺井栄『坂道』岩波少年文庫(1958年初版、伊勢正義・絵)壺井栄『坂道』岩波少年文庫
(1958年初版、伊勢正義・絵)

岩波少年文庫に壺井栄のどんな話が入ってたのやろと古いのを借りてきた。1958年初版で1977年に21刷りの本は、かなり汚れていた(この岩波少年文庫は、もういま絶版かなにかみたいで、図書館で借りるしかなさそう)。

まだ『二十四の瞳』を読んで、『雑居家族』を読んで、あと『女性たちの戦争』に入っていた短編を一つ読んだきりだが、この岩波少年文庫におさめられてる十数篇の話は、どれもちょっとずつ『二十四の瞳』で、ちょっとずつ『雑居家族』だ。

たとえば表題作の「坂道」に出てくる堂本君は、まるで『雑居家族』で転がり込んでくる進君のようだし、「あしたの風」の夏子は、『二十四の瞳』の大石先生の子のようだし、それというのも、「これらの作品は終戦をまん中に挟んだ七八年間に発表したものばかりで、いわば、戦争が書かせた私の童話」(p.253、あとがき)だからなのかもしれない。

雑居家族(壺井栄)

雑居家族雑居家族
(1999/10/01)
壺井栄

商品詳細を見る

年明けに『二十四の瞳』を読んで、『[二十四の瞳]をつくった壺井栄』を読んで、『雑居家族』を借りてみた。これは、昭和30(1955)年3月から8月まで、毎日新聞に連載された小説で、タイトルどおり、寄り合い所帯ともいえる"家族"を書いている。

戦争がまだ終わらぬ頃、同じ部屋の下の頭数だけはさらしておかねばならないと、同居する4人の名を書いた板を玄関の格子戸の上に打ちつけた「表札」。

▼四人が四人とも姓のちがった表札を、他人はどうか知らぬが、安江夫婦はおもしろがってながめたこともあった。
「まるで下宿屋だね。」
 文吉がそういうと、安江は安江で、ある感慨をこめて、
「判こ一つのせいよ。私たちルーズなのね。とにかく私たちだけは同じ姓にもなれるのにさ。」
「ま、いいさ。事実が証明する。」
「でも判こ一つだってバカにはできないわ。なにしろ二十年近く一しょにくらす夫婦も、おしめから育てた親子も、みな同居人なんだもの。まだ私はいいわよ。内縁の妻とか何とかいえるけどさ、音枝なんかときたらあんた、まるで見向きもしない長坂なんてロクでもない男がさ、厳然たる親としてどっかに実在するのよ。--もどしてくれったらどうする?」(pp.76-77)

二十四の瞳(壺井栄)

二十四の瞳二十四の瞳
(2005/04)
壺井栄

商品詳細を見る


[この本のことは、『We』182号の「乱読大魔王日記」で書いています]

ことし、最初に買った本のひとつが壺井栄の『二十四の瞳』。きっと図書館にはあるのだろうが、まだ正月休みで開いておらず、むしょうに読んでみたくなって買った。

『二十四の瞳』といえば大石先生と12人の子ども、というくらいはコクゴの教科書のすみか文学史の便覧で読んだのか、ずっと前から知っていたが、実際に本を読むのは初めてだ。

映画化されているという知識だけは入っていた私のアタマに浮かぶのは、檀ふみ演じる先生と子どもたち…しかしそれはよくよく思い出してみれば「兎の眼」の映画であった。

そういえば、高峰秀子の対話集『いっぴきの虫』の中に、映画「二十四の瞳」で子役をしたその後の子らとの対話があったと思い出して、そこを読んでみる。映画では大石先生を演じた高峰秀子は大正13年のうまれで、『二十四の瞳』の12人、昭和3年に一年生になったという子らの歳に近い。

下山事件(シモヤマ・ケース) (森達也)

下山事件(シモヤマ・ケース) 下山事件(シモヤマ・ケース)
(2006/10)
森達也

商品詳細を見る

この本は、単行本の頃にいちど読んでいて、下山事件がらみの本をその頃いくつか読んだ。『田中角栄』『奥むめおものがたり』などをこないだ読んで、日本の戦後がどう動いてきたかという点で、1949年に起きたこの事件や三鷹事件、松川事件はたぶん一つの曲がり角なのだろうと、また読んでみようと文庫になった本を借りてきた。

初代国鉄総裁の下山定則が、運転手を待たせたまま姿を消し、その翌日未明に、線路上で轢断死体となって発見された事件は、自殺か他殺かということも、事件の真犯人が誰かということも、その狙いや背景さえも、いまだに明らかになっていない。

森はある日、祖父が下山事件の関係者だ、と言う「彼」に会い、「彼」とともに、下山事件を調べはじめる。矢田喜美雄とともに事件の真相を追い続けていた斎藤茂男と出会い、「真相を知りたいだけなんだ。知るまでは死にきれない」という斎藤と同じく、森も次第に"下山病"にとりつかれていく。

鉄のしぶきがはねる(まはら三桃)

鉄のしぶきがはねる鉄のしぶきがはねる
(2011/02/25)
まはら三桃

商品詳細を見る

北九州工業高校の電子機械科1年で女子は心(しん)一人。通学以外は作業服姿の心は、長身でもあって、男子のなかにいてもあまり違和感がない。

数値がきっちり出るコンピューターを信頼し、スイッチ一つで人間の手の数倍速く正確な作業ができると、心は思っていた。コンピューター研究部でマイコン制御の調整をやろうとしている心は、「ものづくり研究部」の仕事を手伝ってもらえないかと先生に頼まれるが「無理です」と即答。鉄を溶かしてくっつけたり、削ったり、たたき出したり…そんな技術はいまどきもう古い、コンピューターがいくらでも代われるものだ、と思っていた。

けれど、ある日「文化祭の手伝いを頼まれたんよ」と学校へやってきた小松さんを旋盤工場へ案内したとき、小松さんの旋盤がたてたキュルルーンという高い音に、心は反射的に振り返る。

精子提供 父親を知らない子どもたち(歌代幸子)

精子提供 父親を知らない子どもたち精子提供
父親を知らない子どもたち

(2012/07/27)
歌代幸子

商品詳細を見る

去年、たしか新聞の書評でみかけて、読んでみたいと思っていた本が、空いていたので借りてきて読む。これを読んだちょっと後に、民間で「卵子提供」の団体ができるとかどうとかいう報道があって(*)、何をどう考えたらいいのか、ほんまに頭が混乱する。

時代もあるのだろうけれど、壺井栄の『雑居家族』なんかを読んでも、育てられる人が子どもを引き取って育てるとか、子どものできへん人がもらい子をして育てるというのは、ふつうにあったんやなと思う。なにより、私の祖母は、結婚してからなかなか子どもができず「もらい子をしよう」と決めていたところに、母がぽこっとできたのだという。

祖母が死んだ葬式のときに、ふと見た叔父さんの耳が、祖母の耳とそっくりで、(こういうのが血なんかなあ)と思いもしたが、一方で、やはり私のなかには、スゴイ不妊治療の話を聞くたびに(そこまでして血のつながった子がほしいものなのか?)という気持ちがあるのだった。

サンネンイチゴ(笹生陽子)

サンネンイチゴサンネンイチゴ
(2009/06/25)
笹生陽子

商品詳細を見る

「お年玉」に本をやる(盆の頃にも本をやる)同居人の弟のとこの子も、上は春には中学生になる。この正月は、小6が出てくる話はどうかなと笹生陽子の『きのう、火星へに行った』を選んでみたら(下の3年生には、暮れの収穫『かさぶたってどんなぶた』)、その母から「今にぴったりで、すごいセレクトでした」とメールがきた。

私も久しぶりに笹生陽子が読みたくなって、まだ読んでないのあったっけなーと、文庫の『サンネンイチゴ』を借りてきて読む。

主人公は中学2年のナオミ。担任は、体育会系の理科教師。体育会系のノリ、つまりはやたらに元気、やたらに単純、声がでかくて命令好きな南センセが、ほんまにうざい。勝手な思い込みで、生徒をいたぶったり、教室を支配したり。そして生徒のほうも、柴咲アサミをのぞいては、心にわだかまろうとも、表だってはほとんど何もできず。

老人介護 常識の誤り(三好春樹)

老人介護 常識の誤り老人介護 常識の誤り
(2006/04/25)
三好春樹

商品詳細を見る

『We』182号で話を聞いた丸尾多重子さん(まるちゃん)が、介護中に三好春樹の本を知り、追っかけになったという話を聞いて、私も久しぶりに三好本をひもとく。

私が三好春樹の本をどこで知ったのか記憶は不確かだが、最初に読んだのは、医学書院から出ていた『介護覚え書』か、『老人の生活リハビリ』か、とにかくこの2冊がはじめだった。いまから20年くらい前、91年か92年のころだ。学生だった私は赤鉛筆で線を引いたりしながら読んでいた。母の病気のことが、わかった頃だったかもしれない。

まだ三好春樹の本はそんなにたくさん出ていなかったが、私はその後も三好本を見つけては読んでいた。そして、たしか96年だったと思うが、三好春樹の講演会が近所であるのを私がせっせと三好本を読んでいたのを知っていた友だちが教えてくれた。私ははりきって聞きにいき、「ブリコラージュ」もすぐ申し込んで、10年くらい購読していた。96年には、母はもう車椅子を使っていた。

まるちゃんが最初に読んだ本だという『老人介護 常識の誤り』を私も久しぶりに読んで、やっぱりこの人おもしろいなーと思う。そして、あらためて読んで、三好春樹は、生きる「主体」は誰なのかということを、言ってるんやと思った。

ひとりで生きる 堀文子の言葉

ひとりで生きる 堀文子の言葉ひとりで生きる 
堀文子の言葉

(2010/02/24)
堀文子

商品詳細を見る

堀文子は、『ホルトの木の下で』がよかったなーという印象がのこっていて、久しぶりに書架で名前が目について借りてみる。これは、これまでに出た堀の本や、新聞、雑誌のインタビュー記事などから採録された「言葉」集だった。

長いもの、短いもの、いろいろ採られているなかで、私のこころにのこった一文。

▼身体が衰えてきますと、誰でもが何もできない諦めの老人と思うでしょう。けれども、私は知らなかったことが日に日に増えてきます。いままで「知っている」と思っていたことが、本当は「知らなかった」と。それが、だんだんわかってくるのです。(p.25)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ