FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

田中角栄─戦後日本の悲しき自画像(早野透)

田中角栄─戦後日本の悲しき自画像田中角栄
─戦後日本の悲しき自画像

(2012/10/24)
早野透

商品詳細を見る

書評などもいくつか出てたので、図書館ではふさがってると思っていたら、空いていたので借りてみた。新書ながら、400ページ超というボリューム。

朝日新聞で角栄の首相番だった著者は、ロッキード事件による逮捕から最期まで、至近距離で角栄を追い続け、話を聞いた。途中では新潟支局勤務を希望して、角栄の産まれ育った地、そして選挙区であった「新潟三区」を歩きまわった。

小学生のころ、テレビから聞こえるニュースで何度も聞いたのは「ロッキード」とか「コーチャンシ」「マルベニルート」「ゼンニックウルート」。年表を見ると、角栄が逮捕されたのは、私が小1のときである。その頃はまったく意味が分からなかったが、こうして通史のように角栄の足跡を読むと、そういうことなのかとようやく腑に落ちる思いがする。

角栄と中曽根が同年だというのも驚いた。同い年で、同じ戦後二回目の選挙で当選したという中曽根と角栄だが、いまも生きている中曽根、私が中学生から高校生の頃ずっと首相の座にあった(靖国参拝やロンヤスなどくっきり記憶にある)中曽根と、亡くなって20年経とうという角栄、私が小学校に入る前に首相だった(だから現役の首相という記憶がない)角栄とは、一世代くらい違う気さえしていた。

現役の議員とか首相としての記憶がほとんどなく、角栄といえばロッキード事件、選挙区への利益誘導や金による政治と、私は思っていた。その根本的な像は大きく変わらないものの、この本で、1918年、大正7年うまれの角栄が、どのように生い立ち、若い頃にどう飯を食ってきたか、どうして政治の世界へ出るに至ったかというところから読んで、角栄が何をしようとしたか、そして「戦後日本」がなぜ今のようになってきたかが、少し分かる気がした。
スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ