FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

幕が上がる(平田オリザ)

幕が上がる幕が上がる
(2012/11/08)
平田オリザ

商品詳細を見る

高校演劇部の話。いろんなものごとが、ぐんぐん動いていくようだった。これが"動"だとしたら、前の日に読んだ『よるの美容院』は"静"というかんじ。読んでいて、高校や大学で演劇をしていた友だちを思い浮かべたりもしたが、自分の高校時代の部活(ドクターストップでやめることになった水泳部と、そのあと入った美術部)を思い出したりもした。

演劇部にも地区大会や県大会があって、そこで芝居が講評されたりする。「高校生らしい」とか「らしくない」とか言う、その審査員のセンセイ方の話を聞きながら、部長で、作・演出のさおりが、他校の作品やテーマと自分のを引き比べていろいろと考えるところがおもしろかった。

▼私たちは、どうにかやっている。
 私たちは、どうにか高校生を楽しんでいる。
 いろいろな芝居を観て、少しだけ分かってきたことがある。私はどうも、等身大のふりをして高校生の問題をわざと深刻に描くような芝居が嫌いなみたいだ。じゃあ、私はどんな芝居が好きなんだろう。いまやっている芝居は、私の好きな芝居だろうか。(p.238)
スポンサーサイト



『We』181号(特集:それぞれの私を生きる)ができました (2012年12・1月号)

『We』181号ができました。ぜひ、手にとってお読みください~~
定期購読の方には本日(11/27)横浜より発送です

特集:それぞれの私を生きる
『We』181号 特集:それぞれの私を生きる【お話】日塔 マキさん ←←ちゃらちゃらしたミーハーの力!!
ガールズからガールズへ
─福島20代女子たちの「ピーチハート」


【寄稿】北村みどりさん ←←通信「てとてと」オススメです
今 そして これからをたいせつに生きるために
―みんなの放射線測定室「てとてと」


【お話】西村 理佐さん ←←『ほのさん』本の理佐さん
いま、そこに在るいのち

新連載 栗田隆子さんの「「気持ち悪い」男~リブ的運動内違和感ノート~」がスタート
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ