FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

癒しと和解への旅―犯罪被害者と死刑囚の家族たち(坂上香)

癒しと和解への旅―犯罪被害者と死刑囚の家族たち癒しと和解への旅
―犯罪被害者と死刑囚の家族たち

(1999/01/26)
坂上香

商品詳細を見る

『ライファーズ』から、10年前の『アミティ 「脱暴力」への挑戦』、そして13年前のこの本へとさかのぼって読む。

殺人事件の被害者遺族と死刑囚の家族が、ともに旅をし、語り合い、体験を共有する、そんな「ジャーニー・オブ・ホープ」がアメリカで始まった。この本は、旅の始まりから、旅に参加したそれぞれの体験と思い、心の葛藤を追う。この旅をとおして、参加者はおのおの、どのように希望を見いだそうとしているのか。

▼「被害者遺族の気持ちを考えると、死刑は必要だ」とは、一般によく言われることだが、日本社会では、家族を殺された被害者遺族が「死刑制度をやめよう」と社会に訴えることは想像しがたい。遺族側が「加害者に対して死刑は望まない」という意見を表明するだけで、「それでも、殺された被害者を愛していたといえるのか」と、マスコミや世間から非難を浴びせられてしまう風潮が社会にはある。
 それでは、加害者側である死刑囚の家族はどうだろう。死刑制度に反対するどころか、家族に死刑囚がいると世間に知られることだけで、日常生活ができなくなる。ましてや、被害者遺族と死刑囚の家族がともに行動するなど、今の日本では考えられないのではないか。
 (略)
 1995年、日本では死刑の執行が定期的におこなわれ始め、執行があったからといって以前のように報道が加熱することもなくなり、執行することがあたりまえの光景になりつつあった。…メディアによって、犯人は更正不可能な凶悪人物として描かれ、被害者遺族は全員が犯人に死刑を望んでいるかのようなイメージが、つくりあげられていった。その結果、「殺人犯人は死刑で当然」という声が高まり、急速に「死刑存置」のムードを社会全般に広めていった。
 このまま流されていっていいのだろうか。(pp.3-4)

雲をつかむ話(多和田葉子)

雲をつかむ話雲をつかむ話
(2012/04/21)
多和田葉子

商品詳細を見る

図書館の面陳の棚でみかけて、ふと借りてみた小説。この人の名前だけは知っていたが、本を読むのは初めてかもしれない。いちど借りてきて、途中まで読んだところで返却期限がきていったん返し、それからまた借りてきて続きを読んだ。

913なので小説なのだろうが、主人公の「わたし」がなんだか著者のように思えて、読んでいると「実際にこういうことがあった」話のようで、しかし「えそらごと」の話に思える箇所もあり、ふしぎな読後感。しかもタイトルは「雲をつかむ話」だ。捉えどころがないような、たよりないような感触が残るのは、著者のねらいどおりか。

読みはじめたときに、ちょうど『ライファーズ』や、そこからさかのぼって『アミティ 「脱暴力」への挑戦』『癒しと和解への旅』などを読んでいたせいか、この小説の「わたし」がひょんなことから出会った男が、その後刑務所に入っていて、その刑務所が刑務所改善促進運動のモデルに選ばれていて、囚人が尊厳をもって扱われている、「もし自分が青少年の時からこんな環境で育っていたら刑務所に入らないですんだだろうという気さえします」(p.16)などと書いた手紙が届く場面で、この刑務所はどんな処遇をしているのだろう、人の命を奪ったというこの男はどのように罪と向きあっているのだろうと思ったりした。

地の底の笑い話(上野英信)

地の底の笑い話地の底の笑い話
(2002/06/12)
上野英信

商品詳細を見る

私が読んだのは、図書館にあった1967年の初版。10年前に復刻されたらしい。上野英信というと『追われゆく坑夫たち』は知っていたが、この本は知らなかった。

挿絵はすべて山本作兵衛さんの作品で、「筑豊の地底で生きてきた生粋の炭鉱労働者」である山本さんが、離職後にその炭鉱生活を克明に絵で記録したものが、章の扉をはじめ、数多く掲載されている。

「地の底で働くひとびとの笑い話をともしびとして、日本の労働者の深い暗い意識の坑道をさぐってみたい」(p.iV)というのが、著者がこの仕事にこめた願望。坑内労働の合間に、おりにふれて老いた坑夫たちが語ってくれた「古い、なつかしい笑い話」を求めて著者はほうぼうの炭鉱を歩き、話をきいてまわった。そうした笑い話を拾い歩く中で感じたことを書きとめたのがこの本だという。

▼…今日も依然として、働く民衆がみずから名づけて「笑い話」と呼ぶ世界に生きており、生活と労働のもっとも重い真実をそこに託している…彼らはなぜそれほど重要なものを笑い話と名づけなければならなかったのか。彼らにとってそもそも笑い話とはなんであるのか。(p.iv)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ