読んだり、書いたり、編んだり 

海のいる風景―重症心身障害のある子どもの親であるということ(児玉真美)

海のいる風景―重症心身障害のある子どもの親であるということ海のいる風景
―重症心身障害のある子どもの親であるということ

(2012/09)
児玉真美

商品詳細を見る

『アシュリー事件』の児玉さんの旧著。10年前の本が絶版となり、生活書院から新版となって出た。旧著のサブタイトルは「障害のある子と親の座標」だったそうだ。広島弁とおぼしき中国地方のことばが交じる文章に、笑いをさそわれ、ときにゲハゲハ笑いながら一気読み。

旧著から10年、児玉さんの娘・海さんは25歳になり、「「障害のある子ども」なんて書ける時代は、とっくに終わってしまった」(p.4)とある。そして、児玉さんは、アシュリー事件と出会い、「子の権利と親の権利の相克」に直面する。

▼親の利益や権利は、必ずしも子どもの利益や権利とは重ならない。むしろ「親だから分かっている」「親の愛からすることだから」と親が自己正当化しつつ、また社会の方もそれを疑ってみようともせず、子の権利が侵害されていることは思いのほかに多いはずだ。それは、いったん気づいてしまうと、軽々に無視することのできない重い真実である。自分が親である立場で海との関係性を考え直すことを、私はアシュリー事件と出会うことによって迫られた。同時にそれは、自分が子である立場で両親との関係性を見つめ直す、遅ればせながら稀有な機会ともなった。(p.14)

街場の読書論(内田樹)

街場の読書論街場の読書論
(2012/04/12)
内田樹

商品詳細を見る

ときたま内田樹のブログを読む。この人のここ数年にばかすか出た本は、ブログコンピ本が多いので、読んでいると、あーこれ確かブログで読んだなーと思う。この本は、おもに「書物」や「書くこと」について内田が書いたものが編まれている。

とくに5章の著作権棚におさめられている文章は、「『We』がこの頃ほんまに売れへんなー」ということと照らして、いろいろと考えることが多かった。たとえば「読書と書籍購入者」には、こんなことが書いてある。

▼ネット上で無料で読もうと、買って読もうと、どなたも「私の読者」である。本は買ったが、そのまま書架に投じて読まずにいる人は「私の本の購入者」ではあるが、「私の読者」ではない。私は「私の読者」に用があるのであって、「私の本の購入者」に用があるわけではない。
 著作権についての議論ではどうもそこのところが混乱しているような気がする。
 もの書く人間は「購入者」に用があるのか、「読者」に用があるのか。(p.312)

そりゃもう「読者!」に用があるわけだが、『We』をつくる経費もなんとか賄いたいから「購入者」もそれなりにいてほしい。「『We』がこの頃ほんまに売れへんなー」という実感からすると、(今のまま続けるのはかなり厳しいなア…)と思い、「こちらからお金を払っても申し上げたいことがあるので、本を書いている」(p.311)という内田の心向きを読むと、(私は『We』を出すことで何がしたいんやろう?)と思う。

幕が上がる(平田オリザ)

幕が上がる幕が上がる
(2012/11/08)
平田オリザ

商品詳細を見る

高校演劇部の話。いろんなものごとが、ぐんぐん動いていくようだった。これが"動"だとしたら、前の日に読んだ『よるの美容院』は"静"というかんじ。読んでいて、高校や大学で演劇をしていた友だちを思い浮かべたりもしたが、自分の高校時代の部活(ドクターストップでやめることになった水泳部と、そのあと入った美術部)を思い出したりもした。

演劇部にも地区大会や県大会があって、そこで芝居が講評されたりする。「高校生らしい」とか「らしくない」とか言う、その審査員のセンセイ方の話を聞きながら、部長で、作・演出のさおりが、他校の作品やテーマと自分のを引き比べていろいろと考えるところがおもしろかった。

▼私たちは、どうにかやっている。
 私たちは、どうにか高校生を楽しんでいる。
 いろいろな芝居を観て、少しだけ分かってきたことがある。私はどうも、等身大のふりをして高校生の問題をわざと深刻に描くような芝居が嫌いなみたいだ。じゃあ、私はどんな芝居が好きなんだろう。いまやっている芝居は、私の好きな芝居だろうか。(p.238)

『We』181号(特集:それぞれの私を生きる)ができました (2012年12・1月号)

『We』181号ができました。ぜひ、手にとってお読みください~~
定期購読の方には本日(11/27)横浜より発送です

特集:それぞれの私を生きる
『We』181号 特集:それぞれの私を生きる【お話】日塔 マキさん ←←ちゃらちゃらしたミーハーの力!!
ガールズからガールズへ
─福島20代女子たちの「ピーチハート」


【寄稿】北村みどりさん ←←通信「てとてと」オススメです
今 そして これからをたいせつに生きるために
―みんなの放射線測定室「てとてと」


【お話】西村 理佐さん ←←『ほのさん』本の理佐さん
いま、そこに在るいのち

新連載 栗田隆子さんの「「気持ち悪い」男~リブ的運動内違和感ノート~」がスタート

「リバティおおさかを応援する!プロジェクト」(今週末~12月)

「リバティおおさかを応援する!プロジェクト」今週末~12月

緊急企画!
週刊朝日の記事、読んだ?!~若者と語るメディアの部落差別~
http://femixwe.blog10.fc2.com/blog-entry-472.html
部落ならではの美味しいものをつまみながら、まったりおしゃべり

LGBTを小学生にどう教えるか? DVD教材模擬授業(12/2、大阪・扇町)
http://femixwe.blog10.fc2.com/blog-entry-473.html
行きたいけど行けない方は↓ぜひアニメを

■■■ youtube アニメ DVD教材「いろんな性別」模擬授業のお知らせ ■■■
http://youtu.be/d7cWNJwgm_Q

Living Museum!
~「証言の部屋」から飛び出た、出会いと対話の空間 ~
http://femixwe.blog10.fc2.com/blog-entry-474.html
様々なマイノリティとリアルに対話できる貴重な機会!

■■■ youtube アニメ「リバティおおさかって何?」 ■■■
http://www.youtube.com/watch?v=aZm4_Pkmd2A&feature=plcp
Genre : 日記 日記

癒しと和解への旅―犯罪被害者と死刑囚の家族たち(坂上香)

癒しと和解への旅―犯罪被害者と死刑囚の家族たち癒しと和解への旅
―犯罪被害者と死刑囚の家族たち

(1999/01/26)
坂上香

商品詳細を見る

『ライファーズ』から、10年前の『アミティ 「脱暴力」への挑戦』、そして13年前のこの本へとさかのぼって読む。

殺人事件の被害者遺族と死刑囚の家族が、ともに旅をし、語り合い、体験を共有する、そんな「ジャーニー・オブ・ホープ」がアメリカで始まった。この本は、旅の始まりから、旅に参加したそれぞれの体験と思い、心の葛藤を追う。この旅をとおして、参加者はおのおの、どのように希望を見いだそうとしているのか。

▼「被害者遺族の気持ちを考えると、死刑は必要だ」とは、一般によく言われることだが、日本社会では、家族を殺された被害者遺族が「死刑制度をやめよう」と社会に訴えることは想像しがたい。遺族側が「加害者に対して死刑は望まない」という意見を表明するだけで、「それでも、殺された被害者を愛していたといえるのか」と、マスコミや世間から非難を浴びせられてしまう風潮が社会にはある。
 それでは、加害者側である死刑囚の家族はどうだろう。死刑制度に反対するどころか、家族に死刑囚がいると世間に知られることだけで、日常生活ができなくなる。ましてや、被害者遺族と死刑囚の家族がともに行動するなど、今の日本では考えられないのではないか。
 (略)
 1995年、日本では死刑の執行が定期的におこなわれ始め、執行があったからといって以前のように報道が加熱することもなくなり、執行することがあたりまえの光景になりつつあった。…メディアによって、犯人は更正不可能な凶悪人物として描かれ、被害者遺族は全員が犯人に死刑を望んでいるかのようなイメージが、つくりあげられていった。その結果、「殺人犯人は死刑で当然」という声が高まり、急速に「死刑存置」のムードを社会全般に広めていった。
 このまま流されていっていいのだろうか。(pp.3-4)

雲をつかむ話(多和田葉子)

雲をつかむ話雲をつかむ話
(2012/04/21)
多和田葉子

商品詳細を見る

図書館の面陳の棚でみかけて、ふと借りてみた小説。この人の名前だけは知っていたが、本を読むのは初めてかもしれない。いちど借りてきて、途中まで読んだところで返却期限がきていったん返し、それからまた借りてきて続きを読んだ。

913なので小説なのだろうが、主人公の「わたし」がなんだか著者のように思えて、読んでいると「実際にこういうことがあった」話のようで、しかし「えそらごと」の話に思える箇所もあり、ふしぎな読後感。しかもタイトルは「雲をつかむ話」だ。捉えどころがないような、たよりないような感触が残るのは、著者のねらいどおりか。

読みはじめたときに、ちょうど『ライファーズ』や、そこからさかのぼって『アミティ 「脱暴力」への挑戦』『癒しと和解への旅』などを読んでいたせいか、この小説の「わたし」がひょんなことから出会った男が、その後刑務所に入っていて、その刑務所が刑務所改善促進運動のモデルに選ばれていて、囚人が尊厳をもって扱われている、「もし自分が青少年の時からこんな環境で育っていたら刑務所に入らないですんだだろうという気さえします」(p.16)などと書いた手紙が届く場面で、この刑務所はどんな処遇をしているのだろう、人の命を奪ったというこの男はどのように罪と向きあっているのだろうと思ったりした。

地の底の笑い話(上野英信)

地の底の笑い話地の底の笑い話
(2002/06/12)
上野英信

商品詳細を見る

私が読んだのは、図書館にあった1967年の初版。10年前に復刻されたらしい。上野英信というと『追われゆく坑夫たち』は知っていたが、この本は知らなかった。

挿絵はすべて山本作兵衛さんの作品で、「筑豊の地底で生きてきた生粋の炭鉱労働者」である山本さんが、離職後にその炭鉱生活を克明に絵で記録したものが、章の扉をはじめ、数多く掲載されている。

「地の底で働くひとびとの笑い話をともしびとして、日本の労働者の深い暗い意識の坑道をさぐってみたい」(p.iV)というのが、著者がこの仕事にこめた願望。坑内労働の合間に、おりにふれて老いた坑夫たちが語ってくれた「古い、なつかしい笑い話」を求めて著者はほうぼうの炭鉱を歩き、話をきいてまわった。そうした笑い話を拾い歩く中で感じたことを書きとめたのがこの本だという。

▼…今日も依然として、働く民衆がみずから名づけて「笑い話」と呼ぶ世界に生きており、生活と労働のもっとも重い真実をそこに託している…彼らはなぜそれほど重要なものを笑い話と名づけなければならなかったのか。彼らにとってそもそも笑い話とはなんであるのか。(p.iv)

福島からあなたへ(武藤類子、写真・森住卓)

福島からあなたへ福島からあなたへ
(2012/01/20)
武藤類子、写真・森住卓

商品詳細を見る

2011年の9月19日、東京でおこなわれた「9.19さようなら原発5万人集会」での武藤さんのスピーチが、森住卓さんの写真とともに巻頭に収められている。

その後ろの「福島から あなたへ」は、一部は『We』176号で掲載したインタビューに似ていて、一部は『We』180号で掲載したお話と重なっている(176号では、本にはない、若いころのお話もうかがっている)。

「私自身の脱原発」を、武藤さんはくりかえし語りながら、そして、あなたは?と問いかけているのだと思える。

自信と誇りを取り戻し、「私には力がある」と何度も自分に言ってあげよう、「私はこんなによくやってきた」と何度も何度も褒めてあげようと武藤さんはよびかける。

思想をつむぐ人たち─鶴見俊輔コレクション1(黒川創 編)

思想をつむぐ人たち─鶴見俊輔コレクション1思想をつむぐ人たち
─鶴見俊輔コレクション1

(2012/09/05)
鶴見俊輔(黒川創 編)

商品詳細を見る

本屋でみかけて、ぱらぱら見ては戻しを何度かして、買おうかなーーと思いつつ、図書館でわりとすぐ借りられたので、図書館の本で読む。しかし、自分の本ではないのに、読んでいてあやうく何度かページの隅を折りそうになって、ちゃうちゃう図書館の本やと、紙の切れ端を挟んだりしながら読む。ページの隅を折りたくなるのは、しまいまで読んだあとで、そこのページにまた戻ってきたいから。

このコレクションは何巻まで出るのか知らないが、黒川創が編んでいくらしい。京都のSUREの人やという記憶はある。たしか何かの本で、鶴見の話の聞き手にもなっていた。いつだったかは、この人の小説も読んだ。文庫の袖にある略歴で、「十代の頃から「思想の科学」に携わり、鶴見俊輔らとともに編集活動を行う」という人であることを知る。

この1巻は、「人物を通じて鶴見の哲学の根本に触れる作品を精選した」というもの。黒川の言葉では「鶴見の著作のなかから、「伝記」に類するものによって構成した」巻。私がいつだったか、鶴見の別の本で読んだ文章もあったし(たとえば金子ふみ子や柴田道子について書いたもの)、初めて読むものもたくさんあった。

とりわけ巻頭に置かれた「イシが伝えてくれたこと」がよかった。この最初の文章を、私はゆっくり、ゆっくり読み、この本も、日をかけて、時間をかけて読んだ。(イシについては、シオドーラ・クローバーによる評伝『イシ』がある。)

アミティ 「脱暴力」への挑戦―傷ついた自己とエモーショナル・リテラシー(坂上香/アミティを学ぶ会)

アミティ 「脱暴力」への挑戦―傷ついた自己とエモーショナル・リテラシーアミティ
「脱暴力」への挑戦
―傷ついた自己とエモーショナル・リテラシー

(2002/02)
坂上香/アミティを学ぶ会

商品詳細を見る

『ライファーズ』を読んで、アミティ(犯罪者や薬物依存症者の治療共同体)の活動について書かれたこの本がちょうど図書館にあったので借りてきた。もう10年前の本である。

誰でも暴力の「根」を持っている、と坂上さんが「はじめに」で書いている。「まず、そのことを認め、それぞれがもつ根に目を向け、具体的にほぐしていく必要がある」と。

「エモーショナル・リテラシー」という言葉が出てくる。自らの感情を受けとめ、理解し、表現する能力を高めることを意味し、欧米では学校など教育現場でも広く使われている考え方だという。暴力に頼らずに生きていくための一つのツールだと坂上さんは書く。

第1章「閉ざされた感情との出会い」のなかで、山下英三郎さんがこう書いている。
▼感情をありのままに表すことを「はしたない」と見る社会にあっては、心の中で渦巻いている感情をいかにコントロールし、平静さを保つかということに価値が置かれ、私たちは家庭や学校などで感情を抑制することに腐心してきた。殊に、近代テクノロジーを駆使し科学性や経済効率を追求する社会では、感性や感情といった数値化されにくい領域は軽視され、人の行動も機械的になっていく。そして、感情を顕わにすることのない冷徹な物腰が洗練された行動としてもてはやされる。(pp.17-18)

復興の書店(稲泉連)

復興の書店復興の書店
(2012/08/06)
稲泉連

商品詳細を見る

日が暮れてだいぶたっても仕事が終わらず、へとへとになり、遅れて手話サークルへ行って帰って、疲労感ばくはつ。ぬくいご飯を食べて、歯磨きして、湯たんぽいれて、布団にくるまって本を読む。読んでみたかった『復興の書店』

本というもの、本屋というものが、人の暮らしにとってどんな意味あいをもつのかを、じんわりと感じる本だった。

津波による被害を受けた三陸沿岸、そして福島県や仙台市の書店のほか、取次会社、地元の出版社や新聞社、紙やインキの工場で働く人など、本や雑誌にかかわる場や人が取材されている。

飲食店やスーパーとは違い、本屋は非常時に必要とされる商売ではないと、被災した本屋さんの多くは思っていた。でも、そうではないことを、被災地の本屋の人たちは身をもって知った。本は、時として食料以上に必要とされる。被災後にようやく店を開けたときには行列ができ、食料や日用品をリュックいっぱいに背負った人たちが、本屋にひしめいていた。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ