FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

昭和二十年夏、子供たちが見た日本(梯久美子)

昭和二十年夏、子供たちが見た日本昭和二十年夏、子供たちが見た日本
(2011/07/09)
梯久美子

商品詳細を見る

8月に読んだ『昭和二十年夏、女たちの戦争』、9月に読んだ『昭和二十年夏、僕は兵士だった』に続き、この本を読む。

前二作は、大正の後半から昭和の最初にうまれ、昭和20年夏に10代半ば~20代だった若者にインタビューしていた。この本は、その少し下、子供として敗戦を迎えた世代に話を聞いている。生まれ年は1935(昭和10年)前後、ちょうど私の父と同い年の人たちである。

昨日、やはりこの本で話している人と同世代の降旗康男(映画監督)の話を新聞で読んだ(2012年10月26日、日経3版夕刊「学びのふるさと」)。

昭和19年、「日本軍のサイパン島玉砕でいよいよ本土爆撃かという雰囲気が広がっていた頃」、国民学校の4年生で10歳だった降旗は放課後、代用教員として来ていたM先生に一人呼び出された。「おまえはおっちょこちょいだから、少年兵なんかに志願したらいかんよ」と先生に言われ、「この戦争は負けだよ」とも聞く。

「日本が負けるなんて考えもしなかったし、そんなことを言えば投獄の危険があることも分かっていたので、誰にも言えませんでした。」と降旗は語る。そのM先生の話を聞いた半年後、自宅の隣の旅館に訓練中の特攻隊員がやってきて、遊んでいた子供らにこう言った。「日本は負ける。次の日本をつくってくれよ」。友だちは面食らっていたけれど、M先生の言葉を聞いていたので降旗は驚かなかった。

「対話」がクラスにあふれる! 国語授業・言語活動アイデア42(石川晋)

「対話」がクラスにあふれる!  国語授業・言語活動アイデア42「対話」がクラスにあふれる!
国語授業・言語活動アイデア42

(2012/06/07)
石川晋

商品詳細を見る

『We』178号から新しく連載「公立中学校でしなやかに生きること」を書いてもらっている石川晋さんの本。図書館にリクエストしたものの、どうもまた図書館はこの本を「教員向け」に囲い込んで、一般貸しをしない本にしてしまうつもりらしく、「他市からの相貸になりますが、他市で予約待ちがあるので、借りられるのはその後です」などと言われて、えらい長いこと待っていた(しかし、現在のところ、この本は「教員向け」にさえ購入されていないもようで、謎)。

字詰めや行数などのページデザインが私のアタマに合わないのか(私にはかなり詰まり気味に感じられた)、なんだか読みにくい本だった。

この本のキモは「対話」。石川さんは、例えばこんな風に書いている。

▼生徒同士が親しく「対話」できるためには、「安心」も必要だ。無論「安心」して話せる「手立て」や「仕組み」や「内容」が、授業に用意されているか。これが重要なのはもちろんである。しかし、発言して「安心」な場になっていること、これが大前提なのである。(p.32)

(石川さんの文章には、なんでかわからないが、ものすごくカッコ使いが多い。本文は、だいたいこういう頻度でカッコが使われている。)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ