FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

女たちの21世紀 特集=女性・障害・運動―新たな優生思想に立ち向かうために(アジア女性資料センター)

「女たちの21世紀」No.52 【特集】女性・障害・運動―新たな優生思想に立ち向かうために『女たちの21世紀』No.52
特集=女性・障害・運動
―新たな優生思想に立ち向かうために
(2007年11月)
アジア女性資料センター

http://ajwrc.org/jp/modules/myalbum/photo.php?lid=2

米津知子さんの「命の選択?」を聞きにいくまえに、米津さんの文章も入ってる5年前の雑誌を借りてきて読む。出た頃にもあらまし読んだけど、5年経ってまた読んでみると、そのあいだに出会った人やできごと、自分があらたに知ったこと、そんなのがいろいろと浮かぶ。米津さんが書いているのは「性と生殖の権利を私たちの手に DPI世界会議での交流から」

巻頭の座談会「障害者運動と女性運動―30年の交差」は、大事なことがいっぱい話されてるなと思った。話しているのは堤愛子、堀内万起子、大橋由香子、定塚才恵子、丹羽雅代の5人。

大橋「母よ!殺すな」というのが障害者の側の主張。それに対してウーマンリブは、なぜ「母」だけに非難の対象がくるのかを問題化した。
  結局、直接向き合う相手は母になっちゃう。「殺す側」も母。女性が経済条項の削除に反対したのに対して、「中絶を認めろとは、胎児が障害者だったら手を下す権利も含めて認めるのか」と。たしか女性運動は、最初に掲げてたスローガンをおろして、「産める社会を、産みたい社会を」に変えたんだよね。(p.5)

"産む産まないは女の自由"という女性運動が掲げたスローガンに対して、障害者の側からは、"女の自由の中には、障害者を抹殺する自由も入っているのか?"という問いが投げられ、そこから"本当に「選んだ」と言えるほどの自由なのか?"という問いもたてられた。

ふがいない僕は空を見た(窪美澄)

ふがいない僕は空を見たふがいない僕は空を見た
(2010/07)
窪美澄

商品詳細を見る

「女による女のためのR-18文学賞」の大賞をとった人やとおしえてもらって、借りてきた。この賞をとった人の本は、ぱらぱらと読んできている(豊島ミホ、日向蓬、渡辺やよい、吉川トリコ…など)。

この本は、大賞受賞作の「ミクマリ」を巻頭におき、そこからつながる連作になっている。妊娠・出産、子育てや女性の健康をテーマとするフリーライターという著者の仕事柄もあるのか、「ミクマリ」に出てくる高校生・斉藤卓巳は助産院の息子で、助産師であるその母も書きこまれている。そこがよかった。

四十九日のレシピ(伊吹有喜)

四十九日のレシピ四十九日のレシピ
(2011/11/02)
伊吹有喜

商品詳細を見る

妻の乙美を亡くした良平のもとへ、イモこと井本がやってきた。そこへ、やはり傷心の、良平の娘・百合子が帰ってくる。

イモは乙美がボランティアに通っていた施設にいた。そして乙美から「自分が死んだら、四十九日あたりまで家の片づけなどこまごましたことの面倒をみてほしい」「自分の四十九日には明るくて楽しい大宴会をしてほしい」と頼まれていたと言い、乙美の机から「暮らしのレシピ」と書かれた冊子をとりだした。

イモがいたのはダルクハウスのような互助施設、アルコールやセックスなどの依存から抜け出そうとする女の子のための「リボンハウス」だった。乙美はそこでいったい何を教えてたんだ?という良平に、イモは「暮らしのレシピ」カードのことを語った。

きりこについて(西加奈子)

きりこについてきりこについて
(2011/10/25)
西加奈子

商品詳細を見る

きりこは、ぶすである。

巻頭からこの一文で、ちょっとびっくりする。「ぶす」とわざわざ太字である。以後、ずっとずっと本のなかは太字の「ぶす」が続く。

ぶす」のきりこ。ラムセス2世という猫。セックスが好きな自分の欲望に忠実に生きるちせちゃん。話は大きくこの三者ですすんでいく。

自分が自分であること、ただそこに在ることを、つかんでいこうとするきりこ。

▼…そもそも、自分は自分として生まれてきたというのに、誰かになりすまして生きる、などということをきりこは理解出来なかった。
 誰かの基準に寄り添うことなく、誰かの真似をするでもない。ただ自分がみんなにとってはぶすであるという事実、そしてそれによって、自分のきらきらした少女時代は失われたという現実を受け止めたきりこは、自分を見ないでいよう、と決意した。自分が自分である限り、現実に苦しめられるのであれば、その原因である自分を、見なければいい。
 きりこを苦しめているのは、きりこの見た目だけ、それはただの「容れ物」に過ぎないのだが、思春期のきりこには、そこまで慮る余裕はなかった。(pp.110-111)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ