FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家 (クラウス・コルドン)

ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家ケストナー
―ナチスに抵抗し続けた作家

(1999/12)
クラウス・コルドン

商品詳細を見る

ナチスの時代の焚書でケストナーの本も焼かれたという話から、こんな本を見つけて借りてきた。人物伝記のシリーズの一冊で、原著のことは十分わからないが、訳の言葉づかいや脚注の付け方からしても、子どもが読むことを想定して編集されている。

ケストナーといえば、『ふたりのロッテ』『エーミールと探偵たち』『飛ぶ教室』『点子ちゃんとアントン』、、、。『ふたりのロッテ』に書かれている親の離婚についてのコメント―両親が別れたために不幸な子どもはたくさんいるが、両親が別れないために不幸な子どもも同じくらいたくさんいるのだ、という言葉は、物語以上に私には印象深く残っている。

その児童文学の著者としての顔は、ケストナーの顔のひとつだった。ケストナーは、演劇評論家であり、詩人であり、脚本家だった。児童文学も書いたが、小説を書き、エッセイを書いた。時評家でもあり、売れっ子編集者だったこともある。

ナチス政権下で、ケストナーは書くことを禁じられ、二度までもゲシュタポに逮捕されながら、生きのびた。多くの友人たちが亡命するなかで、ケストナーは「時代の目撃者であるために」ドイツにとどまり続けた。ペンネームを使って、映画の脚本を書き、発表できない作品を書いた。

しかし、ナチスに奪われた人生の12年、34歳からの46歳まで失われた創作の時間は大きい。そして、ケストナーの当時の言動を知るにつけ、自分だったら…と思う。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ