FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

遊びを育てる―出会いと動きがひらく子どもの世界(野村寿子、佐々木正人)

遊びを育てる―出会いと動きがひらく子どもの世界遊びを育てる
出会いと動きがひらく子どもの世界

(1999/06)
野村寿子、佐々木正人

商品詳細を見る

向井さんの本のなかで私のスキな『たたかいはいのち果てる日まで』で描かれる中新井邦夫さん。そのお嬢さんが野村寿子さんで、障害のある子どもの遊びのことを書いた本があると『We』読者のSさんに教えてもらって、図書館で借りてきたのがこの本。

とべバッタ?!と思ったら、やはり表紙の絵は田島征三の『とべバッタ』だった。裏庭にバッタが跳びだしてきて、そのバッタがつくりだした空間が「バッタの動きとバッタの作る空間を共有することで、だんだんと一つの集団になっていく」話が4章(環境が引き起こす子どもの動き)と、巻末の対談で語られている。

そのバッタの話がよかった。
スポンサーサイト

うつくしい人(西 加奈子)

うつくしい人うつくしい人
(2011/08/04)
西 加奈子

商品詳細を見る

前にみかけた別の文庫本を借りようと思ったら貸出中だったので、西加奈子の他の小説を借りてみる。

職場で急に泣き出して、会社をやめた百合。私はだめだ、何もできないという強烈な自己否定。18のときから引きこもっている姉に加えて、自分も社会の落伍者になってしまったという思い。

何かを変えたかった。変えるべき「自分」もないのに、何が変わるというのか、と思いながら、外に出なければとほとんど強迫的に百合は旅に出る。

瀬戸内の島にあるリゾートホテル。ウェルカムドリンクをサービスするというバーにいたのは、不器用でみっともないバーテンダーの坂崎。ホテルの敷地で、死んでるかと思うような寝方をしていたのは、流ちょうな日本語を話すマティアス。彼は時間がたくさんあるという。仕事をしていなくて、たくさんお金があるという。

ホテルの地下にある図書室と、バーと、島のなかをぐるぐるとめぐりながら、物語はすすむ。百合は坂崎とマティアスと話しながら、姉と自分のことをぐるぐると考える。

▼母親に、それが「人生」というものだからと言われ、男の子らしく友達とサッカーに興じ、酒を飲んで冗談を言い、肩を叩き合って、女に恋をした、ような気になる。でも、心のどこかでは、いつも「これで合っているのか? 間違っていないか?」と思っているマティアス。誰かに答えを聞かないと、不安になる。合っている? 間違っていない?
 マティアスの気持ちが、痛いほど分かった。(pp.106-107)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ