FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

生活リハビリ式記録のススメ(梅沢佳裕 、東田勉)

生活リハビリ式記録のススメ生活リハビリ式記録のススメ
(2011/12)
梅沢佳裕、東田勉

商品詳細を見る

図書館の新着リストをこないだ久しぶりにぱらぱらと見ていたら「生活リハビリ」というのが目について、借りてきた。三好春樹系というか「ブリコラージュ」系のこの「生活リハビリ」方面の本は、いっとき色々と読んでいた。

最初にこの方面の本を読んだのは数えてみるともう20年ほど前で、何がきっかけでどうやって見つけたかは全く忘れてしまったが(母の病気が一因だとは思う)、私が最初に買って読んだのはその名も『老人の生活リハビリ』であり、『老人の生活ケア』であり、『介護覚え書』だった。けっこういい値段のこの3冊を、私は線まで引いて読んでいたおぼえがある。このへんの本を読んで、3年か4年して、三好春樹の講演があるというのを社協で働いていた友人からおしえてもらって聞きにいき、そのいきおいで「ブリコラージュ」の定期購読もはじめ、10年ほどずっと買っていた。

新着リストにあった本は『生活リハビリ式記録のススメ』。何をどうススメてんのかなーと思い、ひょいと借りてくる。

ピエタ(大島真寿美)

ピエタピエタ
(2011/02/09)
大島真寿美

商品詳細を見る

映画「"私"を生きる」をこないだもう一度みた。
音楽は記憶だ、という話があった。
この『ピエタ』を読んでいて、その「音楽は記憶だ」ということを思い出していた。

親に捨てられ、ピエタ慈善院で育った「わたし」エミーリア。
同じようにピエタに育ったアンナ・マリーアは音楽の才能に恵まれた娘で、音楽院でもあったピエタで、《合奏・合唱の娘たち》に選抜されていた。わたしもずいぶんと稽古をして、凡庸ながらも《合奏・合唱の娘たち》の一員に選ばれた。そして、音楽を教えて下さるヴィヴァルディ先生と出会った。

健診、休養、手芸部

金曜は健診。前夜からの絶食で、はらへったはらへったと受診する診療所へゆく。去年提示されたメニューにはなかったのだが、今年は初バリウム(胃がん検診)。身体測定に始まり、問診前のさいごがバリウム。息を吸って、止めてーという胸部レントゲンのあと、いよいよバリウム。
Genre : 日記 日記
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ