FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

聞き書き にっぽんの漁師(塩野米松)

聞き書き にっぽんの漁師聞き書き にっぽんの漁師
(2001/10)
塩野米松

商品詳細を見る

こないだ本屋で、この本の文庫を見て、さんざん迷った挙げ句に買わなかった(買えよ)。図書館に文庫はなくて、親本のほうを借りてきて読む。表紙写真は、石川県の七尾湾で小型底引き漁をする大根常雄さん(大正15年うまれ、74歳)。

まえがきに「仕事柄、日本の各地の漁師に会い、話を聞く機会が多くあった」とある。たしかこの塩野米松という人は、『失われた手仕事の思想』とか『木のいのち木のこころ』の人よなーと、本屋で見たときにも思っていた。

塩野がかつて話を聞いてきた漁師たちは、職人たちと同じように、親や先輩につき、技を覚え、海を覚え、潮を読むことを覚え、漁具の操作や危機からの回避を身につけてきた。そんなふうに引き継がれてきた漁業が廃れ、水産物を輸出していた水産国ニッポンが、いまでは自給率50%ほどの輸入国になっている。

このまえがきを読んで、スーパーの魚介売り場を思い起こす。ノルウェーの鯖、韓国の牡蠣、中国のうなぎ、ロシアの鰊、アイスランドのシシャモ、カナダのサーモン、インドネシアの海老…私が思い出せるものだけでも、世界のあちこちからやってきている。

日本の海で何が起きているのか、漁師たちはそれをどう考えているのか、と考えた塩野は、自分が「漁師という仕事がどんな人によって、どんなふうに営まれているかさえ知らなかった」と気づく。そして、10年ほど前に各地をの漁師を訪ね、どうやって漁師になったか、その生活はどんなものかを聞き歩いた。この本には、沖縄から北海道まで13人の話がおさめられている。ひとり例外的に若い昭和40年うまれの人をのぞいて、他の人は大正~昭和10年代のうまれ。 
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ