FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

しょうがない人(平 安寿子)

しょうがない人しょうがない人
(2011/05)
平 安寿子

商品詳細を見る

新しいのが出ていたら、読んでしまうタイラアスコ。しばらく予約待ちをして、5月に出た『しょうがない人』がまわってきた。短編集かな?と読みはじめたら、河埜日向子を主人公とした連作短編の束だった。いつもながら、テンポがいい。

ネット通販の小さな会社「スマイル・スマイル」で働くベテランパートの日向子。そこの社長や同僚、お客様、あるいはイトコや妹、さらに両親、夫、娘などとの間で、日向子は笑い、怒り、忍耐し、もやもやし、いらだち、あきらめ、しんみりする。「しょうがない人」とは、日向子の周りで、人の感情を波立たせる人たち。ああいるいる、こんな人と思うような人物を書くのが、タイラアスコはほんまにうまい。

本の後半では、日向子の両親が古い家をゲストハウス化するという話がもちあがり、ラーメン屋を営む妹一家が「うちを担保にして共同事業にするのはどうか」と大乗り気。日向子はやたら具体化したその話をいきなり妹から聞かされて、ぽかんとし、その後にはいらだち、あせり、吠えまくる。

両親と妹が、私をないがしろにして、実家をどうにかしようとしてるなんて。
それはないでしょ!
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ