FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所(青砥恭)

ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所ドキュメント高校中退
―いま、貧困がうまれる場所

(2009/10)
青砥恭

商品詳細を見る

『ルポ 若者ホームレス』の、その前を読んでいるようだった。毎年、10万人近い高校生が中退しているという。そして、著者は「高校を中退した若者たちの貧困の実態を伝えること」「日本社会の低層に沈んでいる若者たちの嘆き、うめき、悲しみ、なかなか聞こえてこない助けを求める声を、彼らに代わって社会に伝えること」(p.14)がこの本の役割だという。第一部は高校中退の現実を描き、第二部ではその背景を探っている。

「中退した若者たち」の話は、読んでてきつい。「中退したら仕事がなかった」「親しい友だちがやめると、ポロポロ続けてやめていく」「夢などない」―どれが鶏でどれが卵かわからんくらい、学力の低さ、貧しさ、暴力、生活能力のなさ、大人からの期待のなさ、そういったものが絡まりあって、中退に至っている。そして、高校中退は「人生の分岐点」になってもいる。

▼子どもが教育から排除されれば、その後に続く人生の可能性が奪われる。貧困は子どもたちから、学ぶこと、働くこと、人とつながること、食べるなど日常生活に関することまでも、その意欲を失わせている。彼らから話を聞いていくと、ほとんどの若者たちが、経済的な貧困にとどまらず、関係性の貧困、文化創造の貧困など生きる希望を維持できない「生の貧困」に陥っている。それが親の世代から続いている。(p.185)

中学校からの「成績なし」や、入試の面接に欠席でも、入学できる高校。中退は、こうした"底辺校"に集中している。
スポンサーサイト

絵で読む 広島の原爆(作=那須正幹、絵=西村繁男)

絵で読む 広島の原爆

土曜日の、天音堂での雨宿りの折に、この絵本も読む。作者の那須正幹は『ズッコケ三人組』シリーズの人だ。那須が、爆心より3kmの場所で3歳のときに被爆しているのだと初めて知った。

原爆投下前の広島の町の風景から始まるこの絵本は、投下後の町の状況を生存者の証言を元に文章と絵で再現する。町を描いたページの間には、核分裂の発見から原爆開発に至る話や、放射線障害や原爆症のこと、あるいは軍都・広島の歴史、戦争につっこんでいった日本という国のこと、現在に至るまでの世界の核実験と核廃絶運動のことなど、個人の体験で語るのとは違う「広島の原爆」が淡々と述べられている。

巻末には、広島の町を描いたそれぞれの絵の「絵解き」も付されていて、たとえば被爆死した膨大な遺体を焼く場面では、酒を飲んでやや意識をもうろうとさせて、それで作業にあたっていることがわかる。

爆心地ヒロシマに入る―カメラマンは何を見たか(林重男)

爆心地ヒロシマに入る―カメラマンは何を見たか爆心地ヒロシマに入る
―カメラマンは何を見たか

(1992/06/19)
林重男

商品詳細を見る

土曜日、リバティ大阪で写真展「屠場」を見たあと、天音堂へ松本国三×大江正彦「日書日描」展を見にいったら、入る前にぽつぽつと降り出していた雨がものすごい降りになって、とても出られず、そのまま3時間あまりもやまない中、「日書日描」展をぐるぐると見ては、本棚にあった本を読みつつ雨宿りさせてもらう。

雨宿りの間に、もう20年ほど前の岩波ジュニア新書『爆心地ヒロシマに入る』を読んでしまう。1945年の10月、被爆から2ヶ月後の広島に入った林さんは、これがたった一発の爆弾によるものなのか!という衝撃の光景を写真に撮った。爆心地に近いところから360度のパノラマ写真を撮った人でもある。同じ10月、林さんは長崎にも入っている。林さんらが被爆後の広島、長崎を撮った写真は、占領軍に接収された。だが、ネガは守り抜いた。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ