FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

働く人のための「読む」カウンセリング(高山直子)

働く人のための「読む」カウンセリング ピープル・スキルを磨く働く人のための「読む」カウンセリング
ピープル・スキルを磨く

(2010/02/24)
高山直子

商品詳細を見る

高山さんの本は、出た頃から気になっていたが、やっと借りてきて読む。フェミックスで出している本『女性とパワーハラスメント』のなかで、高山さんのことは印象深くおぼえていた。この『女性とパワハラ』は、金子雅臣さん、中野麻美さんという"ハラスメントあかんやろギョーカイ"の中ではかなりの有名人のおふたりと高山さんと、3人のお話をまとめ、それに加えて編集にあたったウィメンズ・サポート・オフィス連のメンバーの方々が「私のパワハラ体験」としてコラムを書いたものが数本おさめられている。

金子さん、中野さんのお話ももちろんいいのだけれど、他の類書との違い、この本のよさは「高山さんの話が入ってることだ」と私は校正を手伝って本文を読んだ頃から思っていた。高山さんの章は「身近な人がパワハラにあったら?―どんな援助ができるかを考える」

▼「加害という真実」は被害者の中にあります。それが一番の証拠だと思って話を聴いてください。…(中略)「思い出せない、わからない」と言われると、本当だったの?と思う人がいますが、心に封じ込めて思い出せないくらい嫌だった、それぐらい「傷ついている」ということです。思い出すとパニックを起こすかもという不安からうまく説明できないのは、一貫性がないこととは違います。日時がちょっと変わることがあったとしても、加害の事実、どのように感じたか、そのとき何を考えたか、そこにはズレがなく、だからこそ真実なのです。(『女性とパワハラ』、p.65)
スポンサーサイト

わが家の母はビョーキです 2 家族の絆編(中村ユキ)

わが家の母はビョーキです 2  家族の絆編わが家の母はビョーキです 2
家族の絆編

(2010/05/24)
中村ユキ

商品詳細を見る

こないだ読んだ『わが家の母はビョーキです』の2冊目。著者の結婚から、トーシツ(統合失調症)の母と夫と3人での新生活のもようを、1冊目より詳しく描いたもの。

結婚前に母のトーシツのことを十分話せず、陽性症状や陰性症状が出たときの母の姿を知られたら、破談になるのでは、離婚になるのではと不安をかかえて始まった新生活。ビョーキのことをオープンに(公表)して友達を失った母を見てきたせいもあり、夫のタキさんに母のことをオープンにすることが怖くてできず、でもそれは隠している「罪悪感」と分かったときにどうなるかという「不安感」とで心は重たいものだった、というユキさん。

ずっと「ひとりで」母のことを心配し、全部自分がやることだと思い行動していたユキさんは、少しずつ少しずつ信頼を培い、母に対する夫の言動から学び(超楽天家で母にいつでも優しいタキさん)、母が言うように「タキさんが一緒だと安心するねえ」という生活にたどりついた。

▼ずっと私のコトを一番に心配してくれた母
 自分ばっかが手を貸してきたつもりになっていたけど
 ほんとは自分も支えてもらっていたんだ…(p.159)

沼崎一郎さんトーク「全国シェルターシンポジウム2011 in 仙台のご案内と震災報告」(7/31、Weフォーラムの昼休み)

ジェンダー論『We』で「同時代の男性学」を連載している沼崎一郎さんのトークを、7月31日(日)、Weフォーラムの昼休みの時間をつかって開きます。

11月に仙台で開催の全国シェルターシンポジウムの宣伝と、みやぎジョネット(みやぎ女性復興支援ネットワーク)の紹介もかねて、震災報告です。昼休みに、ぜひお立ち寄りください。

全国シェルターシンポジウムのご案内と震災報告
トーク:沼崎一郎さん(東北大学)
日時:2011年7月31日(日)12時30分~13時50分(Weフォーラムの昼休み時間)
みやぎジョネット(みやぎ女性復興支援ネットワーク)場所:ドーンセンター4階 大会議室 
無料(カンパ歓迎)

みやぎジョネット
全国女性シェルターネット 

Weフォーラム7/30-31、まもなく開催!
プログラム概要はこちら
http://femixwe.blog10.fc2.com/blog-entry-317.html
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ