FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

知られざる原発被曝労働―ある青年の死を追って(藤田祐幸)

知られざる原発被曝労働―ある青年の死を追って知られざる原発被曝労働
―ある青年の死を追って

(1996/01/22)
藤田祐幸

商品詳細を見る

次号『We』では、藤田祐幸さんのインタビューを掲載する。藤田さんの本はいくつか図書館にあり、この古いブックレットは現在手に入らないこともあって、予約して待っていた。

順番がまわってきて借りてきて、昨日読んだ。ほんまに原発って、運転中も、定期点検で止まってるときも、こんなに被曝者をうみだすんやとぞっとした。今も、福島や他の原発で、こんな風に被曝をしながら作業してはる人がいてるんやと思うと、つらいものがある。亡くなった嶋橋伸之さんは、とりわけ定期点検中の作業で被曝をかさね、8年半のあいだに累積で50ミリシーベルトの被曝となったころに白血病を発し、29歳で亡くなっている。

嶋橋さんのご両親は、会社側から、「今後なんの異議もいいません」という念書をとられ、労災並みの弔慰金の支払いを受けた。だが、そこに、労災認定を求めることは禁じていないのに着目して、申請を決意した。慎重に準備をおこなうあいだに、申請準備を察知した会社側はご両親に圧力をかけてきたという。

▼そんなことをすれば反原発派に利用されるだけだ、というのが会社側の言い分だった。それに対して、母親の美智子さんは、私たちが反原発派を利用するのです、と答えたという。(pp.12-13)

このブックレットが出た当時で、日本で原発に起因すると労災認定を受けたのはわずか3人。嶋橋さんはその1人だ。
スポンサーサイト



「原発のない未来を考える」講演会(5/29、横浜・あざみ野)

※私は行けないのですが、横浜のかた、関東のかた、ぜひお運びください。お知り合いへの転送・転載も歓迎です。藤田さんの新しいインタビューを掲載した『We』172号は、できたてホヤホヤを当日会場で販売予定です。※

フェミックス事務所のあるスペースナナ主催、フェミックスも協賛の講演会です。講師の藤田祐幸さんには、『We』15号(1993年8・9月号)で「エネルギー問題と原発と」、『We』51号(1997年4月号)で、「絶望ばかりはしていられない」と、それぞれインタビューしています。次の『We』172号でも新たなインタビューを掲載予定です。
-----
原発のない未来を考える
─チェルノブイリ、福島の事故を繰り返さないために─
原子力発電で本当に私たちが知りたい120の基礎知識3月11日東日本を襲った激震と大津波によって引き起こされた福島原発の事故は、4基がいまだ危険な状態にある未曾有の事態となり、25年前のチェルノブイリに並ぶ大惨事として、全世界の注目を集めています。

物理学者である藤田祐幸さんは、スリーマイル島の事故以来、反原発の市民科学者の道を選び、チェルノブイリの事故調査のために現地を数回訪れ、原発事故のリスクのみならず原発労働者の被曝、放射性廃棄物の処分の問題にも警鐘を鳴らしてきました。エネルギー問題にも精通し、人生のすべてをかけて<原発のない社会>を提言してきました。

事故から2ヶ月がたち、次々と明るみに出てくる深刻な被害の状況について、また今後のエネルギー問題の解決法についてお聞きし、今私たちに何ができるのかを考えたいと思います。

日時:2011年5月29日(日) 9:30~11:30 (9:00開場)
講師:藤田祐幸さん(プロフィールは下記)
会場:アートフォーラムあざみ野 レクチャールーム(1F) アクセス
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ